【ハイエースのドレスアップ】ホワイトレター・タイヤ 東京オートサロンに 4×4タイヤも

公開 : 2019.12.25 06:10  更新 : 2021.03.05 18:51

高まるホワイトレター・タイヤ人気。東京オートサロン2020には、ハイエースのカスタムとして、ファルケンW11を履いたデモカーが展示されます。

ファルケンW11で、カスタム

近年人気が高いドレスアップに数えられるのが、ホワイトレター・タイヤ。

タイヤのサイドウォールに刻まれた「ブランドロゴ」や「銘柄」を白く塗ることで、足元を飾るカスタムだ。

ファルケンのホワイトレター・タイヤを履いたハイエース
ファルケンのホワイトレター・タイヤを履いたハイエース

4×4をはじめ、ミニバン、商用バン、スポーツカーまで広がっている。

2020年1月に千葉県・幕張メッセで開催される東京オートサロン2020に、住友ゴム工業が、ドレスアップ・バンのデモカーを出展する。

カスタムカーの祭典とあって、展示されるのはベース車両として人気のトヨタ・ハイエース。グローバルで展開しているFALKEN(ファルケン)タイヤ・ブランドのカラーをまとっている。

これに、ホワイトレター・タイヤ「W11」を履かせたバン・カスタムの提案だ。

TEAM FALKENをイメージ

また、同ブースでは、アメリカで人気の4×4タイヤ・シリーズ「ワイルドピーク」を装着したジープラングラーも展示。さらにフラッグシップ・タイヤ「アゼニスFK510」も出展する。

各タイヤメーカーは自社のラインナップの展示に限らず、レーサーのトークショーなどを開催しオートサロンの集客を図っている。

東京オートサロン2020のファルケン・ブース(イメージ図)
東京オートサロン2020のファルケン・ブース(イメージ図)

その中にあって、2020年のファルケン・ブースにおける最大のトピックは、オリンピックを目指すアスリートとして応援しているスケートボード・スノーボードの平野歩夢、BMXフリースタイルの中村輪夢、スノーボードの松本遥奈選手らの競技映像を、透明LEDディスプレイに流すこと。

TEAM FALKENとして活躍する3人のアスリートを前面に出し、若々しく躍動感のあるブースで来場者を迎える。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事

      ×