【ホットな四輪駆動SUV】フォルクスワーゲン ID.4 GTX 初の電動パフォーマンスモデルを開発中

公開 : 2020.03.24 11:50  更新 : 2021.02.02 18:48

VWは、ID.4を、同社初の電動パフォーマンスモデルのベースとすることを明らかにしました。GTXバッジの採用については明らかにされていませんが、306psを出力する四輪駆動モデルが提供されるそうです。

初の電動パフォーマンスモデル

text:James Attwood(ジェームズ・アトウッド)

フォルクスワーゲンの最高技術責任者、マティアス・ラーベは、同社初の電動パフォーマンスモデルのベースとして、全長4.6mのSUV、ID.4を選択したたことを明らかにした。

その理由については、四輪駆動を活用するためと述べている。

VW ID.4
VW ID.4

AUTOCARが以前報じたように、VWはさまざまなホットIDモデルにGTXバッジの導入を予定している。

ゴルフサイズのID.3が、スポーツモデルとして選ばれるのは自然な流れと思われるが、ラーベはVW初のホットEVは、ID.クロス・コンセプトから生まれた2つのSUVのうちの、1つとなると述べている。

既存のGTI、GTD、GTEブランドとデザインを共有する、ガソリン、ディーゼル、プラグインハイブリッドのGTXバージョンについては、ラーベからコメントを得ることは出来なかった。

しかし、パフォーマンス電動モデルの最初のシリーズのベースが、ID.4となることについては認めている。

四輪駆動の必要性

ラーベは、初の電動パフォーマンスカーは、昔からのGTIファンとは「異なるカスタマー」を引き付けるだろうと述べている。

ID.3ハッチがシングルモーター、後輪駆動なのに対し、四輪駆動と、追加のパワーを提供するツインモーターのセットアップで提供される、ID.4の採用は「理にかなっている」と、ラーベは言う。

VW ID.スペース・ビジオン
VW ID.スペース・ビジオン

「現時点では、パフォーマンスバージョンには四輪駆動が必要です」

「最近、(ID.4 GTXの)コンポーネントテストモデルを運転しました。レスポンスが非常に良く、素晴らしいドリフトを行うことができます」

「コントロールが簡単で、思い通りのドライビングが可能です」と、ラーベは述べている。

ID.4の最初のモデルには、リアマウントモーターから、最大204psと31.6kg-mのトルクを提供する、後部駆動パワートレインの搭載される。

その後、ユニット総合で306psと45.9kg-mを出力する、フロントマウントモーターが追加された四輪駆動モデルが続く。

さまざまなバッテリーサイズで提供され、航続距離は最大のもので約500kmとなる。

ID.シリーズのモデル

ID.3 GTXについて、ラーベは「素晴らしいスポーツカーになるでしょう」と述べ、その可能性については否定しなかった。

EVが台頭する中、ホットハッチに、未来はあるのかとたずねられた際、ラーベは「電動化に伴い、コンパクト・スポーツカーには、新しい可能性が出てくるでしょう」

VW ID.3
VW ID.3

「ID.ファミリーには、いくつかのスポーツバージョンが追加されますが、これまでとは異なるかたちとなるでしょう」と答えている。

ID.4 SUVに続く、ID.5のバッジが付けられたクーペには、同じパワートレインを使用したホットなGTXバージョンも提供される。

VWのR部門は現在、高性能の電動モデルに取り組んでおり、その最初のモデルはID.3 Rとなる。

2024年までに発売され、大幅に改良されたモーターとバッテリーシステムに加え、四輪駆動を備える。

パワートレインとバッテリーは、VWモータースポーツの支援を受け、記録破りのID.Rヒルクライムマシンの経験をもとに開発される。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
×