【ゴルフVSフォーカス】8代目ゴルフはベスト・ハッチバックなのか 前編

2020.06.25

高いテクノロジーが標準装備となるゴルフ

シンプルに比較をするため、シンプルなゴルフを選択した。130psの1.5L 4気筒ターボエンジンに、6速MTが組み合わされるエントリーグレードだ。英国でのトリムグレードは、ライフとなる。

ダンパーは一般的な固定式。リアサスペンションはトーションビーム式で、小径の16インチホイールを履く。シートはベーシックなクロス張り。

 フォルクスワーゲン・ゴルフ 1.5 TSI 130(英国仕様)
フォルクスワーゲン・ゴルフ 1.5 TSI 130(英国仕様)

純粋なゴルフと並べるのは、欧州では嗜好的にも真っ向勝負を繰り広げる相手。最新のフォード・フォーカスだ。エンジンは124psを発生する3気筒ガソリンターボで、価格差は40ポンド(5000円)程度しかない。

トリムグレードは、中間となるチタニウムX。ハーフレザーの電動シートに、17インチアルミが標準装備される。

価格は近似するものの、フォーカスには備わらないテクノロジーが、最新のゴルフではベースグレードでも標準装備される。モニター式のメーターパネルにアダプティブ・クルーズコントロール、ワイヤレス・スマートフォン充電、LEDヘッドライトなど、かなりの内容だ。

インフォテインメント・システム用モニターも、ゴルフの方が一回り大きい。価格は2万5000ポンド(330万円)を切りつつ、英国仕様はコネクテッド機能もサポートする。

信号機や1km先までの道路標識を読み取り、制限速度や道路の危険性などを知らせてもくれる。フォーカスには、この機能も備わらない。むしろこれだけの機能を、このクラスで備えているのは8代目ゴルフだけ。

欧州で一番売れているハッチバックは、一番賢くもなったというわけ。

 
最新試乗記

人気記事