【ゴルフVSフォーカス】8代目ゴルフはベスト・ハッチバックなのか 前編

2020.06.25

従来のゴルフらしさも残されている

フォルクスワーゲンのゴルフらしい要素も残されている。適度に低く、リラックスして座れるドライビングポジションは、明らかにフォーカスより良い。

車内の幅は広く、リアシートにも大人が快適に座れる。車内の組み立て品質も高く、ボディのプロポーションは、ちゃんとゴルフしている。

 フォルクスワーゲン・ゴルフ 1.5 TSI 130(英国仕様)
フォルクスワーゲン・ゴルフ 1.5 TSI 130(英国仕様)

一方で、驚くほどクリーンに仕上げられたセンターコンソールと、表面の質感が不規則なプラスティック製パーツは、今までのゴルフでは見られなかった部分。ステアリングホイールの奥、ダッシュボードを横切る曲面的な仕上げも同様だ。

メルセデス・ベンツのデザインにも似た処理ではある。ドライバーに向いた角度の違いで、雰囲気は大きく異るけれど。

10.0インチのインフォテインメント・システム用タッチモニターは、ゴルフの多くの機能を操作するためのインターフェイス。その下には、エアコンの設定やパーキングセンサーのオンオフなど、特定の機能が割り振られたセンサー式のスイッチがある。

モニターで操作してみると、それほど難しさを感じない。深くメニューを掘り下げる必要がないところが良い。

さらに印象を高めるのが、ステアリングホイールのスポークに配されたボタン類から、多くの設定やシステムにアクセス可能なこと。運転中でも、視線や手を動かす量が最低限で済む。メーター用モニターに、操作内容が表示される点も評価できる。

この続きは後編にて。

 
最新試乗記

人気記事