【従来以上に刺激的】次期BMW M3 プロトタイプへ試乗 480psの新エンジン採用 後編

公開 : 2020.07.06 15:20

ミュンヘン製ハイパフォーマンス・サルーンの代表、M3の最新世代が間もなく誕生します。英国編集部は、開発途中の次期M3プロトタイプへ試乗する機会を得ました。その刺激的な走りには、深い感銘を受けたようです。

もくじ

次期M3の主役は新開発のシャシー
ボディサイズを裏切る機敏な身のこなし
過去最もダイナミクス性能に長けたM3
BMW M3 プロトタイプのスペック

次期M3の主役は新開発のシャシー

text:Greg Kable(グレッグ・ケーブル)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
BMWは正式な運動性能の数字は明らかにしていないが、次期M3とM4の0-100km/h加速は4秒を切るはず。ドライバーズ・パッケージのオプションを選択すれば、後輪駆動のM3でも、最高速度は280km/hに届くだろう。

エンジンも印象的だが、M3の主役かと聞かれれば、答えはシャシーの方。まったくの新設計で、標準の3シリーズとの共通点はサスペンションの取り付け部分程度だという。アダプティブダンパーは標準装備されるが、こちらは3シリーズとシェアするものだ。

BMW M3 プロトタイプ
BMW M3 プロトタイプ

BMW Mディビジョンは、専用のストラットブレースも開発。フロント周りの剛性を大幅に高めている。結果、標準の3シリーズと比べて、滑らかでバランスの高い操縦性を獲得している。ちなみに、次期M3のフロントドレッドは過去最も幅が広い。

軽量な鍛造ホイールは、フロントが19インチ、リアが20インチと異径サイズ。M3 CSと同様に、ステアリングのレスポンスを引き上げる狙いがある。

タイヤはフロントが275/35で、リアが285/30のミシュラン・パイロット・スーパースポーツ。こちらも、過去最も幅の広い面積で、路面を掴む。

現行のF80型M3を始めに数周走らせ、ベンチマークを確認してからの印象だから、自信を持っていえる。次期M3は、標準モデルであっても、ドライバーとの一体感が間違いなく高い。

ボディサイズを裏切る機敏な身のこなし

最新のBMW M8やフェイスリフトを受けたM5にも採用されているが、次期M3とM4にも、各部位で個別の設定を指定できるインディビジュアル・ドライブモードが備わる。iドライブ・コントローラーを介して、エンジンやサスペンション、ステアリング、ブレーキの設定を、ドライバー好みで指定できる。

四輪駆動を選択した場合、前後のトルク配分を変更し、完全な後輪駆動を選ぶことも可能だ。サーキットでは特に有効だろう。

BMW M3 プロトタイプ
BMW M3 プロトタイプ

後輪駆動のM3は、ステアリングでも秀でていた。操舵感は極めて正確で、重み付けも完璧。ザクセンリンクのカーブが連続する区間で、しっかり違いを確かめることができた。

次期M3は、ライバルモデルと並んだときの強みだった、ボディのコンパクトさは削がれている。しかしボディサイズを裏切るように、身のこなしは機敏。鋭く進行方向を変え、コーナリング時の振る舞いはとてもダイレクトだ。

グリップ力の向上も明確。275サイズのフロントタイヤは、確実に路面を捉える。重心移動は小さくないはずだが、姿勢制御は鮮烈。コーナーの旋回速度が高まっているだけでなく、脱出時のニュートラル感にも驚かされる。

高性能モデルの割に、サスペンションのストロークは長い。それでも、ザクセンリンク・サーキット名物のオメガカーブをハイペースで走らせても、落ち着きが失われることはなかった。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事