【若き才能】F1 レッドブルのフェルスタッペン メルセデスに勝つには

公開 : 2020.08.30 21:03  更新 : 2021.07.12 18:33

メルセデスとの差を埋められるか

レッドブル・ホンダ連合が抱えるもう1つの問題は、メルセデスとの差を埋めるための機会が限られていることにある。コロナウィルス拡散防止のためパーツ開発がストップしたこともあり、来シーズンも今年のマシンを使い続けることを余儀なくされている。

おそらく新ルールの導入によりレッドブルとホンダがメルセデスに本格的に勝負を挑むことができる機会が与えられるのは2022年のことになるだろう。

6シーズン目となるフェルスタッペン
6シーズン目となるフェルスタッペン

これは彼らが挑戦を止める理由にはならないが、フェルスタッペンが彼の実力に見合うマシンを手に入れるべく、メルセデスに移籍するのではないかと囁かれる理由ではある。しかし彼が2023年までレッドブルとの契約を延長したことが波紋を呼んだのは記憶に新しい。これはなぜだったのだろうか。

「わたしはチームを信じており、これからもチームに尽くします。現時点ではたしかにメルセデスに劣りますが、わたしはまだまだ若いです。見ていてください」

「もちろん勝ちたいですし、チャンピオンシップ獲得も目指しています。しかし現時点ではメルセデスにはルイスがいますし、わたしの選択肢は1つではありません。今の環境に満足しています」と彼は語った。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事