【最新画像】次期メルセデス・ベンツSL ソフトトップのロードスター 公式画像公開

公開 : 2020.08.28 11:20

メルセデス・ベンツの次期SLの公式画像が公開されました。偽装が施されていますが、伝統的なソフトトップと、異なるエグゾーストシステムが確認できます。GTとのプラットフォーム共有によりデザインも進化しています。

ソフトトップ採用の次期SL

text:Greg Kable(グレッグ・ケーブル)
translator:Takuya Hayashi(林 汰久也)

メルセデス・ベンツは、来年の正式発表に向けて、次期「SL」ロードスターの画像と詳細を公開した。

公式画像には、擬装を施された試作車2台が、ドイツのインメンディンゲンにある技術センターの近くで公道テストに参加している様子が収められている。

新型SLのテスト車両
新型SLのテスト車両

2台ともAMG GTとの類似性は明らかで、エグゾーストチップのデザインが異なることから、複数の派生エンジンが試されている様子がうかがえる。

過去に2回目撃された車両では折り畳み式のハードトップが使われていたが、今回は伝統的なソフトトップを装着して登場している。

SLは、より軽く、より速く、より魅力的なモデルとして復活する予定で、モータースポーツのルーツであるAMGにインスパイアされていることもあり、開発はすべてAMGのパフォーマンス部門に委ねられている。

AMGがこれまで7世代にわたるSLの開発を担当するのは初めてのことだ。

以前、極秘の開発施設でテスト車両が目撃されたことがあるが、情報がほとんど公開されていなかったにもかかわらず、伸びやかなボンネット、突出したリアハンチ、角張ったフロントグリルのデザインが披露されていた。

丸みを帯びたリアエンドは、次期SLとプラットフォームを共有するメルセデスAMG GTのそれに似ている。

昨年、当時のAMGの社長であるトビアス・ムアースがAUTOCARに対し、SLのプロトタイプがテスト段階に入っていると語った後、新型SLの試作型と思われる斬新な外観のプロトタイプが目撃された。

ムアースはまた、2021年までに発売される予定のSLは、次期AMG GTとの「連携」が図られることも明らかにしている。

この2台が共有する、モジュラー・スポーツ・アーキテクチャー(MSA)として知られるアルミニウム集約型プラットフォームは、メルセデスで最も高級なモデルラインである2台のスケールメリットと全体的な収益性を高めることになるだろう。

「わたし達はSLの歴史的DNAを復活させています。今回ははるかにスポーティになりました。ドライビングダイナミクスと快適性の間に完璧に両立されることができるでしょう」

また、8代目となる次期SLは、先代と同様にロードスターとしてのみ提供されることも確認されている。英国では2021年末に発売される予定だ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

メルセデス・ベンツ SLの人気画像

×