【ノート/レヴォーグ要注意】セットオプションがあるワケ 賢く買うには?

公開 : 2021.03.10 05:45

欲しい装備を色々つけると総額に驚くことも。メーカーOPとディーラーOPを有効活用すると人気車も賢く買えます。

もくじ

メーカーOPとディーラーOPの違いは?
レヴォーグ「アイサイトX」は意外と安い
ノート「プロパイロット」は割高?
セットオプションはメーカー都合
ディーラーOP/特別仕様車を活用

メーカーOPとディーラーOPの違いは?

text:Yoichiro Watanabe(渡辺陽一郎)
editor:Taro Ueno(上野太朗)

クルマのオプションには、メーカーの生産ラインなどで装着されるメーカーオプションと、販売店や物流センターで取りつけるディーラーオプションがある。

一般的にメーカーオプションは、先行車との車間距離を自動制御しながら定速走行がおこなえる運転支援機能、後方の並走車両を検知して知らせる安全装備など、複雑なメカニズムが多い。

日産ノート
日産ノート    神村 聖

ディーラーオプションは、カーナビ、ETCユニット、アルミホイールなど、比較的簡単に装着できるパーツが中心だ。

ただし一部のカーナビやアルミホイールは、メーカーオプションとディーラーオプションの両方に設定される。

この時に機能や品質の割に価格が安いのは、メーカーオプションだ。ディーラーオプションには、販売会社の儲けが多く含まれ、その分だけ価格が割高になる。

したがって儲けの多いディーラーオプションは、サービス装着の対象に使われることも多い。

例えば、販売促進対策として「ディーラーオプション10万円プレゼント」を実施した場合、販売会社の負担は、車両本体やメーカーオプション価格から10万円を値引きをするのに比べるとかなり少ない。

そうなるとディーラーオプションを数多く装着して多額の値引きを引き出せても、あまり喜べないわけだ。

レヴォーグ「アイサイトX」は意外と安い

メーカーオプションには、複数の装備をまとめて装着する「セットオプション」が多い。

例えばスバル・レヴォーグでは、GT、GT-H、STIスポーツに「EX」という仕様が38万5000円の上乗せで設定されている。

スバル・レヴォーグ
スバル・レヴォーグ    スバル

手離し運転の可能な「アイサイトX」も、EXに含まれる。EXはグレードとも受け取られるが、同じ装備内容をGTやSTIなど複数のグレードで選べるため、セットオプションの1種ともいえるだろう。

そしてレヴォーグでは、11.6インチのセンターディスプレイ、通信機能、ドライバーモニタリングシステムなど、EXに採用される「アイサイトX」以外の装備を別途セットオプションで装着することも可能だ。

「アイサイトX」は不要と考えるユーザーは、このセットオプションを選べば良い。

「アイサイトX」を除いたセットオプション価格は27万5000円だから、EXの38万5000円からこの金額を差し引くと、「アイサイトX」の正味価格は11万円だ。

EXには複数の装備が採用され、「アイサイトX」が主役だから、そこに38万5000円を支払う印象がある。しかし実際は11万円だ。

関連テーマ

人気テーマ