新型スバルBRZ S(6MT)公道で試乗 普段使い、GR86よりBRZに軍配

公開 : 2021.11.09 11:45  更新 : 2021.11.10 11:31

旅に出るなら、敢えて優しいBRZでキマリ

ゆったりとしたペースで街中と高速道路を走らせた今回、新型BRZの印象はすこぶる良かった。

先代はヤンチャ風の雰囲気を漂わせながら、実際に山道で走らせてみるとエンジンパワーの少なさもあってFRらしいメリハリのあるドライビングを楽しめなかった。

GR86とBRZを試乗して大いに迷うようなら「GR86を選んだ方が幸せ」という見解は変わらないが、普段使いを考えてBRZ指名買いと筆者。
GR86とBRZを試乗して大いに迷うようなら「GR86を選んだ方が幸せ」という見解は変わらないが、普段使いを考えてBRZ指名買いと筆者。

ところが新型はまず「2021年的な眼で見た場合の」乗用車として音振、インテリアの質感等が優れている。

しかも走り込めばそれにしっかりと応えることができる体幹の強さとエンジンパワーを備えている。

GR86との差異は視力矯正に似ているところがあると感じた。レーサーはサーキットを走るために視力を2.0くらいまで矯正することがあるが、GR86のドライバビリティもこれに似ている。

驚くほど遠くのものが正確に見える(路面や車両の状態を感知できる)反面、普段使いでは疲れやすくなる。

その点、新型BRZは敢えて視力を1.2くらいに抑えてストレスを軽減している感じ。

クーペのラグジュアリーな文化が根付かない日本において、BRZはロングドライブが可能な貴重なスポーツクーペという見方もできるのだ。

しかも性能が大きくアップしているのに、価格はほぼ据え置き。この価格帯で後輪駆動ということを考えれば、ライバルは見当たらない。

GR86とBRZを試乗して大いに迷うようなら「GR86を選んだ方が幸せ」という見解は変わらない。

でも個人的には普段使いを考えてBRZ指名買いという結論に落ち着いた。

スバルBRZ Sのスペック

価格:326万7000円
全長:4265mm
全幅:1775mm
全高:1310mm
ホイールベース:2575mm
車両重量:1270kg
パワートレイン:水平対向4気筒2387cc
最高出力:235ps/7000rpm
最大トルク:25.5kg-m/3700rpm
ギアボックス:6速マニュアル

新型スバルBRZ S(6MT)
新型スバルBRZ S(6MT)

記事に関わった人々

  • 執筆

    吉田拓生

    Takuo Yoshida

    1972年生まれ。編集部員を経てモータリングライターとして独立。新旧あらゆるクルマの評価が得意。MGBとMGミジェット(レーシング)が趣味車。BMW 318iコンパクト(E46)/メルセデスBクラスがアシグルマ。森に棲み、畑を耕し蜜蜂の世話をし、薪を割るカントリーライフの実践者でもあるため、農道のポルシェ(スバル・サンバー・トラック)を溺愛。
  • 撮影

    宮越孝政

    Takamasa Miyakoshi

    1973年生まれ。スタジオワークを中心としたカメラマンのアシスタントを数年経験後、自動車雑誌の編集部員として、見習いに。編集部員時代に鍛えられた事は長距離の自走での移動と早朝ロケで早起きすること。その後、独立し、フリーランスとなる。クルマと関わりを持っていられることに幸せを感じる。愛車はルノー・カングー、日産スカイラインGT-R(R32)
  • 編集

    上野太朗

    Taro Ueno

    1991年生まれ。親が買ってくれた玩具はミニカー、ゲームはレース系、書籍は自動車関連、週末は父のサーキット走行のタイム計測というエリート・コース(?)を歩む。学生時代はボルボ940→アルファ・スパイダー(916)→トヨタ86→アルファ156→マツダ・ロードスター(NC)→VWゴルフGTIにありったけのお金を溶かす。ある日突然、編集長から「遊びにこない?」の電話。現職に至る。

トヨタGR86/スバルBRZ(2代目)最新情報の前後関係

前後関係をもっとみる

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

スバルの人気画像