フォルクスワーゲンら3社 新たな都市型EV導入予定 電動モデルに1兆円以上の大規模投資

公開 : 2022.05.08 20:25

フォルクスワーゲン、スコダ、クプラはそれぞれ2025年に新型のコンパクトEVを発売予定であるとのこと。

2025年にEVトリオ発売

兄弟ブランドのフォルクスワーゲンスコダ、クプラは、それぞれ2025年に超小型の都市型EVを発売すると発表した。3台ともMEBプラットフォームを採用し、スペインの新しい生産ラインで製造予定であることが明らかになっている。

フォルクスワーゲン・グループのヘルベルト・ディースCEOは、3台の新型車のデザインスケッチを公開し、「電動モビリティを親しみやすいものとし、来るべき世代のためにモビリティの未来を後押しする」と述べた。

フォルクスワーゲンの都市型EVのデザインスケッチ
フォルクスワーゲンの都市型EVのデザインスケッチ    フォルクスワーゲン

フォルクスワーゲン・グループは、100億ユーロ(1兆4000億円)の大規模な投資を行い、スペイン・サグント地方にバッテリー工場を新設する構想を明らかにしている。この工場から、同国内のマルトレルとパンプローナのEV工場にバッテリーが供給されるという。

グループは2030年までに欧州に6つのバッテリー工場を建設予定で、サグントはこのうち3番目にあたる。すでにドイツとスウェーデンの2か所が確定しているが、残りの3か所は、チェコ共和国、スロバキア、ポーランド、ハンガリーのいずれかでの建設が予定されている。

今回の大規模投資は「スペインにおける過去最大の産業投資」と表現され、国内で3000人以上の雇用を創出するとしている。

バッテリー工場で使用する電力は、10km以内にある専用の太陽光発電所から供給される。工場は200ヘクタールの敷地を持ち、年間最大40GWhの生産能力を実現する予定だ。2023年の第1四半期に着工し、2026年に稼働予定である。

ブランド独自のデザインで差別化

また、3台の新型車は、「MEBエントリー」と呼ばれる小型EV用のプラットフォームを採用する。それぞれ、フォルクスワーゲンe-Up!、スコダ・シティゴe iV、セアトMiiエレクトリック・アーバンEvsの後継車となる。

フォルクスワーゲンは、昨年のミュンヘン・モーターショーでレトロなデザインの小型クロスオーバー・コンセプト「IDライフ」を発表したが、今年初めに広まった報道では、設計をやり直して未来的なデザインに変わったとされている。

クプラの都市型EVのデザインスケッチ
クプラの都市型EVのデザインスケッチ    クプラ

確かに、ヘルベルト・ディースCEOが公開したデザインスケッチでは、フォルクスワーゲンのIDモデルに見られるような曲線的なスタイルに変更されていることが伺える。

一方、クプラのモデルは、2021年の奇抜なコンセプト「アーバンレベル」を発展させたものとなるようだ。ただし、コンセプトのようにモータースポーツを強く意識したものというよりは、実用性とスポーティ性を両立させたようなデザインになると考えられる。

この2台が以前に発表されたコンセプトカーに影響を受けているのに対し、スコダのモデルは「モダン・ソリッド」と呼ばれるまったく新しいデザインを採用する。市販車は2022年後半に公開される予定だが、頑丈さとシンプルさを強調するスコダ独自の次世代デザインの導入は明らかだ。

記事に関わった人々

  • 執筆

    フェリックス・ペイジ

    Felix Page

    英国編集部ライター
  • 翻訳

    林汰久也

    Takuya Hayashi

    1992年生まれ。愛知県在住。幼い頃から自動車/戦車/飛行機/宇宙船など乗り物全般が大好物。いつかすべての乗り物を手に入れることを夢見ている。最近はバイクの魅力に気づき、原付と中型を衝動買いしてしまった。大学卒業後、不動産営業と記事制作ディレクターを経て2020年に独立し、フリーランスとして活動開始。現在に至る。

関連テーマ

おすすめ記事

 

フォルクスワーゲンの人気画像