【SVOの世界へ】ヴェラールSVAダイナミック、FペースSVR 英国で磨かれた理想のSUV

クルマ漬けの毎日から

2019.12.30

100字サマリー

マクラーレンの新型アルティメット・シリーズ「エルバ」。クロプリー編集長が楽しみにしているのは、エグゾーストが奏でる音楽的ともいえるサウンドです。どのように作られるのでしょう。

【クロプリー編集長コラム】奏でるエグゾースト マクラーレン・エルバ

もくじ

2020年に聞ける エルバのサウンド
高周波、低周波を操る

translation:Kaoru Kojima(小島 薫)

2020年に聞ける エルバのサウンド

2019年の最後に皆さんにお届けするのは、マクラーレンが最近発表した新型エルバについての話題だ。

ライトウェイトでフロントガラスも付いていないこの新型車に、AUTOCARは2020年に試乗する。極めてオープンなコクピットはなんとも魅力的だ。

私にとって特に興味深いのは、マクラーレンが熱心に取り組んできた排気音のチューニングである。マクラーレンはまず、4本のパイプからドライバーの耳にダイレクトに聞こえる音の伝わり方を向上させた。

高周波、低周波を操る

次に、上段2本のパイプを狭い間隔で配置した。プロジェクトエンジニアのジョニー・スウィンホーによれば、こうすることで“高周波のサウンド”を作り出す効果があるという。

また、下段2本のパイプは間隔を広く取り、可能な限り低く設置している。こちらは、低周波のサウンドを作って道路に反響させるのが狙いだ。

こうした取り組みの結果、エルバはマクラーレン史上最高のサウンドを作り出していると、スウィンホーは語っている。

この話を聞いて、新型エルバに試乗できる2020年が、ますます楽しみになった。

AUTOCAR 英国版 編集長 スティーブ・クロプリー

オフィスの最も古株だが好奇心は誰にも負けない。新しく独特なものなら何でも好きだが、特に最近はとてつもなくエコノミカルなクルマが好き。クルマのテクノロジーは、私が長い時間を掛けて蓄積してきた常識をたったの数年で覆してくる。週が変われば、新たな驚きを与えてくれるのだから、1年後なんて全く読めない。だからこそ、いつまでもフレッシュでいられるのだろう。クルマも私も。