社会人1年目、ポルシェを買う。

2021.04.15

「社会人1年目、ポルシェを買う。」の上野太朗です。練習号(マツダ・ロードスター)を「KeePer」でピカピカに。前編です。

【社会人1年目、ポルシェを買う。】第129話:なにこれピカピカすぎない? 練習号(ロードスター)が新車級になったお話。前編

もくじ

ぼくも「おぉ、これは……」と思う
できあがって「なんだこれ……」

ぼくも「おぉ、これは……」と思う

photo:Satoshi Kamimura(神村 聖)

「おぉ、これは……」

訪問したKeePer技研株式会社のファクトリーで
今回のご担当者が放った一言目のことばである。

頑固な汚れ、無数に刻み込まれた小キズ……。
唸りとも、悲嘆とも受け取れる声が漏れるのも
無理はない。ぼくも「おぉ、これは……」と思う。

まずはクルマの周りを何度も行き来しながら
特に汚れいているポイントを見極める。
重点的に作業すべきところはメモしている。

それから純水とムースでクルマを洗車。
ここでいう純水とは、水道水に溶けこむ
ナトリウムやマグネシウムを
ほぼ完全に除去したピュアな水のこという。

シャンプーでなく「ムース」を使うのは、
砂ボコリの摩擦からクルマを守るためだ。

取材に同行いただいた写真家の神村 聖さんも
「すでにこの時点で、ふしぎにきれいですよね」
という。たしかに普通に洗車するときよりも
どこかしっとりして見えるのは、余分な油膜が
ここで落ちているからなのだそう。

ボディはぺったりと、無駄な光を跳ね返さず
これだけでもわたしレベルなら満足できそう。

が、ここからが本番。長丁場の本格作業だ。

AUTOCAR JAPAN 編集部 上野太朗

1991年生まれ。親が買ってくれた玩具はミニカー、ゲームはレース系、書籍は自動車関連、週末は父のサーキット走行のタイム計測という、いわばエリート・コース(?)を歩む。学生時代はフィアット・バルケッタ→ボルボ940エステート→アルファ・ロメオ・スパイダー(916)→トヨタ86→アルファ・ロメオ156(V6)→マツダ・ロードスター(NC)→VWゴルフGTIにありったけのお金を溶かした。ある日突然、編集長から「遊びにこない?」の電話。現職に至る。

バックナンバー

記事一覧

 
 
 

人気記事