クルマ漬けの毎日から

2021.12.31

【クロプリー編集長コラム】取材を通して見た「2021年」後編

8月 ローバー75

皆さまもおなじみのAUTOCARのライター、リチャード・ブレムナーは、クルマ好きの友人を集めて懇親会を開いた。

この会には、ローバー75のオーナーの人たち、さらには、この素晴らしい75をつくったデザイナーのジェフ・ユーペックス(写真左)とリチャード・ウーリー(右)も参加していた。

二人とも、ローバー75を永遠に誇りに思うだろう。75は優れたローバーだったし、いまもそうあり続けている。

9月 アストン マーティン・ブルドッグ

ブルドッグがついに噛みついた!

ハイパーカーのオリジナルで、ウィリアム・タウンが1979年につくったコンセプトカー「アストン マーティン・ブルドッグ」が、ロンドン郊外のハンプトンコートで開催された今年のコンクールデレガンスに展示された。

かつて、私はこのクルマを運転する機会に恵まれたが、わずか400mも走らないうちに停止した。

ドライビングポジションが合わず、ペダル操作ができなくなってしまったのだ。

嬉しいことに現在、新たなレストア・プロジェクトがリチャード・ガントレットの指揮のもとで行なわれている。リチャードは、かつてアストンの最高経営責任者だった故ヴィクター・ガントレットの息子である。

9月 アルファ・ロメオ・ジュニアZ

ゴードン・マレーはどのクルマで通勤しているのだろうか?

これは私の頭に時々思い浮かぶ、永遠の疑問である。なぜなら、多くのエンジニアから尊敬されるこのエンジニアは、クルマとバイクをたくさん収集しているからだ。

それらはどれも非常に良いコンディションで、小型もしくは軽量だからという理由で、またはだれも思いつかないような理由で、マレーの手元に置かれている。

9月に私がマレーを訪問した時、かつて乗っていたアルピーヌA110でも、スマート・ロードスターでも、フォード・ロータス・コーティナでもなく、マレーはこのクーペのアルファ・ロメオ・ジュニア・ザガートに乗っていた。

マレーの通勤車(ジュニアZをベースに仕上げたアルファホリックス・ザガートR)

ところで、このアルファはレストアされたのだろうか? いや、それ以上だ。

「アルファ中毒」のマレーは、運転席を後ろに下げてバルクヘッドとの距離を長くした。これなら長身のマレーでも、快適に運転できる。

記事に関わった人々

  • 執筆 / 撮影

    スティーブ・クロプリー

    Steve Cropley

    AUTOCAR UK Editor-in-chief。オフィスの最も古株だが好奇心は誰にも負けない。クルマのテクノロジーは、私が長い時間を掛けて蓄積してきた常識をたったの数年で覆してくる。週が変われば、新たな驚きを与えてくれるのだから、1年後なんて全く読めない。だからこそ、いつまでもフレッシュでいられるのだろう。クルマも私も。

関連テーマ

 
 

おすすめ記事