イベント・レポート

2017.11.04

平チェカ・カップ 2017 「平手晃平」主催のカート大会 2017最終戦

[編集部より]

モータースポーツのグラスルーツ拡大を目的として、スーパーGTレーサーの「平手晃平選手」が主催するカート大会にまたもや潜入! 今年の最終戦は、規模もパワーアップ! エントラント以外も一日中楽しめるイベントに進化していたのです。

text & photoDaisuke Ebisu (戎 大介)

現役レーシング・ドライバーとカートで遊ぼう!

2016年のGT500クラス・チャンピオンであるレーシング・ドライバー、 “平チェカ” こと平手 晃平選手が主催するカート・イベント、平チェカ・シリーズの最終戦である『平チェカ・カップ 2017』が、11月4日にオートパラダイス御殿場(apg)で開催された。

平チェカ・シリーズは4人一組のチームで参加、スプリントと耐久レースでたっぷり一日中カートでのサーキット走行を楽しめるイベント(詳細は前回のレポートを参照)。レンタルカートを使用してのワンメイクで、単純に速さだけで勝負が決まらないトリッキーなルールで、初心者からベテラン、そしてプロのレーシング・ドライバー(!)が一緒になって心からカートレースを楽しむコトができるのが特徴であり醍醐味だ。

人気レーサーがカートでガチンコ勝負!『ドリーム・レース』

毎回、apgの広いピットを埋め尽くすエントリーで盛況な平チェカ・シリーズだが、今回の平チェカ・カップではなんと45チームが参戦! すなわちエントラントだけで180人という賑わいとなった。さらに主催の平手選手の他に、GTドライバーのロニー・クインタレッリ、松田次生、山下健太、坪井翔、ポルシェ・カレラカップに参戦の田島剛、全日本F3の宮田莉朋、FIA F4の朝日ターボ、小山美姫といった人気レーシング・ドライバーが登場。熱戦のレースをさらに盛り立てた。また、彼らがレーシングカートでガチンコ勝負を繰り広げる『ドリーム・レース』も行われ、レーシング・ドライバーの本気の走りに会場はヒートアップした。

もちろん、平チェカ・シリーズならではのスプリントレースと耐久レースの組み合わせは今回も健在。エントラントはプロドライバーの走りに興奮し、そしてプロドライバーと一緒になって走り・・・と走り三昧の一日を満喫した。

『走って楽しい』イベントから、さらなる一歩を踏み出す

エントラントが『走って楽しい』イベントである平チェカ・シリーズだが、今回はパドック裏の駐車場スペースに協賛各社のブースやフードコーナー、小さなお子さんも楽しめるキッズコーナー、そしてステージショーも展開。『来て・見て・遊んで楽しい』エンターテインメントとしての新しい一歩が試みられた。

モータースポーツのグラスルーツ・イベントとして、今後のさらなる盛り上がりと発展が期待される当イベント。来年の開催も予定されているというので、手軽にレーサー気分を体験したいという方は、平手選手の公式ウェブサイトをチェックしてみてはいかが?

■平手晃平オフィシャル・ウェブサイト
■オートパラダイス御殿場


 
next page全26枚 「平チェカ・カップ 2017」詳細レポ

すべての画像をみる