ヒュンダイix35フューエル・セル

水素エンジンのためのインフラストラクチャーがまだ整っていないとしても、ヒュンダイix35フューエル・セルに対する投資の見返りは大きいだろう。

■どんなクルマ?

ix35の後継車種であるツーソンは既にデビューしているのだが、フューエル・セル版のix35は引きつづき販売される。フロントにセットされる電気モーターは136psを、フロア下にはバッテリーを搭載する。

ほかのクルマと異なるのは、両者が直接つながっていないという点だ。フューエル・セルがボンネット下におさまり、リア・アクスルのタンクから水素が引きだされるというわけだ。

水素は陽子と電子に分けられる。後者は回路を移動する。こちらは電気を生みだし、ドライブ・モーターに送りだす。余剰エネルギーはバッテリー・パックにチャージされる。よってピーク・パワーが引きあげられる。

電気が発生すると、水と熱だけがいらないものとして排出される。前者は飲んでもいいというくらいにクリーンだ。水素が不足すると、タンクをリフィルすればいいだけ。たった3分で完了だ。

こちらと、コンベンショナルなix35とでは、ヒュンダイのバッジが青色で囲まれる点、リアにフューエル・セルと書かれている点、さらに燃料フィルター・カバーの色が異なっている点。

仕組みとしてはトヨタ・ミライホンダFCVクラリティとまったく同じ。はたして、走った際の感想はいかがなものなのだろう?

 
最新試乗記

人気記事