[ABARTH 124 spider]なぜワクワクする?竹岡圭が検証

スズキ・スイフト・スポーツ vs VWアップGTI 攻守交替なるか

2018.06.23

どちらを買うべきか?

パッケージについても触れておくべきだろう。スイフトの方がボディが大きいために、より広いリアスペースとトランク容量を確保している。しかし、だからといって、アップが全く窮屈なモデルだという訳ではない。短時間であれば、リアシートで大人ふたりがそれなりに快適に過ごすことは可能であり、その251ℓのトランク容量も、スイフトに比べわずか14ℓ少ないだけだ。

では、どちらを選ぶべきだろう? 今回明らかとなったのは、スイフトの方が速いが、アップほどの活気と情熱はなく、スイフトのホットハッチらしい優れたドライビング・ポジションに、フォルクスワーゲンはその3気筒エンジンの魅力的なサウンドで対抗しており、両者ともにコーナーで光り輝くモデルだが、どちらもステアリングのフィールに問題を抱えているということだ。

問題は価格だ。新型スイフトは、初代と2代目を軽量級のチャンピオンにしていたものを取り戻さなければならない。手ごろなホットハッチの公式に、価格の要素が入っているなら、スズキのために早くその答えを見つけ出す必要があるのだ。


一方、フォルクスワーゲンがアップGTIに付けた価格は、1万3750ポンド(208万円)に過ぎない。さらに、スイフトに、それなりのインフォテインメント・システム(アップの場合は5.0インチスクリーンとスマートフォン接続となる)とアダプティブ・クルーズコントロールを装備するには、4249ポンド(64万2000円)が追加で必要になるが、アップほど個性的でもなく、楽しめる訳でもないクルマに支払う金額としては、納得するのが難しいだろう。

つまり、スズキにとってはどちらを買うべきか?になった。ダビデは、ゴリアテのようになってしまったがために、この小さく、安価で、より楽しめるアップGTIに追い抜かれてしまったのだ。

 
最新試乗記