国内試乗

2018.06.29

新型スバル・フォレスターに試乗 2.5ℓ/2.0ℓハイブリッド、どちらがおすすめ? 画像78枚

スバル・フォレスター

テスト日 : 2018年06月27日

文・川島茂夫 撮影・神村 聖 

2.5ℓ、2.0ℓHV それぞれの立ち位置は

2.0ℓ、2.5ℓHV それぞれの立ち位置は

どこから見てもフォレスターの新型以外の何物でもない、というのが初見の印象。フォレスターのユーザーが求める要素を過不足も演出もなくまとめている。

パワートレインは型式では同社従来ラインナップと同じだが、直噴の採用などの最新技術を導入し、部品数で約90%にも及ぶ変更が加えられている。ミッションにはスバル独自のチェーン(張力)式CVTを採用し、7速マニュアル変速モードを備える。

インプレッサ/XVから採用されているSGPはフォレスター用の設計変更も加えられているが、ホイールベースは共通である。しかし、最低地上高はXVよりも20mm高い220mmに設定され、スペック面からも悪路踏破性が走行性能の要点となっているのがわかる。

試乗すれば直感的にその狙いが伝わってくる。登降坂が連続するワインディング路での2.5ℓ車の特徴は扱いやすさである。例えば、動力性能では狭い回転レンジで急激な変速(回転変化)を抑えた変速制御により狙った加減速を得られる。

同じように走らせていてもダウンシフト頻度や高回転域使用時間はドライバーにかかる精神的負担に影響する。「足るか足らないか」ではなく、自然体で操れる気楽さは従来の2ℓ車、あるいはインプレッサ/XVに対しても車格上を実感させていくれる。

 
最新試乗記