続報 日産GT-R50 by イタルデザイン サイズ/スペック/次期GT-Rは?

公開 : 2018.06.29 16:50

「日産GT-R50 by イタルデザイン」のスペックなど、続報です。ベースとなるGT-Rニスモ(2018年モデル)と比べて、サイズがどれだけ異なるのでしょうか? また次期GT-Rの話題も。

次世代型GT-R 2020年ころ登場か

GT-Rの50周年、イタルデザインの50周年を記念してコラボレーションされたワンオフ・モデル「日産GT-R50 by イタルデザイン」。

その発表に際し、日産は本プロトタイプが次世代型GT-Rとは無関係であることを、さっそく表明している。

2020年ころに登場する見込みの次期GT-Rについて、イタルデザインが手掛けるかどうかについても、日産からの発表はない。

AUTOCARの予想では、次世代型は高出力なハイブリッド・パワートレインを採用すると考えられるものの、4WDというスタイルは崩さない見込みだ。

プロトタイプ 主要スペック

ベースモデル:日産GT-R NISMO
全長:4784mm(ベース車:4690mm)
全幅:1992mm(ベース車:1895mm)
全高:1316mm(ベース車:1370mm)
ホイールベース:2780mm(ベース車:同値)

エンジン:ニスモ製3.8ℓ VR38DETT
最高出力:720ps/7100rpm(予定)
最大トルク:79.5kg-m/3600-5600rpm(予定)

ドライブライン:フロントエンジン/リアトランスアクスル4WD
ギアボックス:強化デュアルクラッチ6速シーケンシャルボックス
サスペンション:ビルシュタイン・ダンプトロニック

ブレーキ:ブレンボ製2ピース・フローティングドリルドディスク
(前)6ピストン・モノブロック(390×32.6mm)
(後)4ピストン・モノブロック(380×30mm)

ホイール:(前)21×10J(後)21×10.5J
タイヤ:ミシュラン・パイロット・スーパースポーツ
(前)255/35 R21
(後)285/30 R21

日産GT-R50 by イタルデザインの詳細については、既報の「日産GT-R50 by イタルデザイン ベースはニスモ 写真12枚」に詳しい。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事