海外試乗

2018.07.11

試乗 BMW M3 CS F80系に有終の美 高額すぎるスペシャル

BMW M3 CS

テスト日 : 2018年7月4日

価格 : 8万6385ポンド(1261万円)

文・マット・ソーンダース 

編集部より

F80系のM3の最後を飾る特別モデル、CSが登場です。M5に迫るプライスタグを掲げ、M3の現行モデルとしては最高の完成度を誇るものの、Mディビジョン史上最高の輝きにまでは到達したのでしょうか。英国の道で味わいました。

もくじ

どんなクルマ?
M5に迫るプライスタグ
どんな感じ?
F80系としては最高のでき
明確なキャラクター性に欠ける
鈍るダイナミクス性能での輝き
「買い」か?
受け入れがたいCSの価格
スペック
BMW M3 CSのスペック

どんなクルマ?

M5に迫るプライスタグ

F80シリーズ最後の限定モデルが登場した。現行型BMW M3の終焉を告げる、スペシャルバージョンだ。いまだに少し慣れないけれど、もちろんM3は4ドアサルーンとなる。

去年登場したM4 CSクーペのように、M3 CSにも軽量なカーボンファイバー製のボディパネルがおごられ、2016年のM4 GTSにヒントを得たエアロダイナミクス性能を備えている。比較的柔軟な設定のサスペンションにも手が加えられ、新しい軽量な鍛造アルミホイールに、カップタイヤを装備。エンジンの最高出力と最大トルクも強化された。

CSは決して安くはなく、M3のコンペティションパックよりもさらに2万3000ポンド(335万円)の上乗せが必要。あと5000ポンド(73万円)ほど追加すれば、599psを繰り出すスーパーサルーン、M5も手に届くプライスとなる。

BMWは、現行M3の最終型として需要は充分にあると考え、このプレミアム・バージョンを設定。F80系の別れを惜しむ目の肥えたひとたちのために、1200台の限定生産となるが、すでに1200台の組み立ては終了しているとのこと。とりわけ高価だが、F80系最後の「M」の代表的なモデルとともに過ごしたいのなら、急いで準備建てをしたほうが良いだろう。

ちなみにドアが4枚も必要ないのなら、4シリーズとM4はしばらくの期間は生産されるので、安心されたし。

next pageF80系としては最高のでき

すべての画像をみる

 
最新初試乗

人気コンテンツ