[アバルト70年の歩み]特別コンテンツ

受け継がれる跳ね馬の血統 フェラーリF40 vs F430スクーデリア 回顧録

2018.10.07

最先端のスクーデリア

しかもスクーデリアと比べたら、組み付けのクオリティは正直に言って子供向けの工作キットと変わらない水準である。確かにF40は信じられないほどタフだが、その造りは実に粗雑で荒っぽい。これとは対照的に、スクーデリアのアルミ製モノコックとボディワークの仕上げは、量産モデルとして最高の水準で行われている。

さらにスクーデリアは、ウェットでの挙動においてもまったく非の打ちどころがない。F40での雨の日のドライブは、元F1ドライバーが運転する助手席以外には乗りたくないほどだと形容したら、その劣悪さが理解してもらえるだろうか。これとは対照的に、スクーデリアはF40ほど爆音でも高額でもなく、そして運転中常にシビアな注意力を求められることなく日常的に扱うことができる。

F40がスクーデリアに勝てないのは、こうした実用性の部分だけではない。実際にサーキットを走行してラップタイムを計測したとしても、まず間違いなくスクーデリアが勝利を掌中に収めるだろう。これは単純に、ブレーキやサスペンション、空力学などの分野で積み重ねられた20年分の成果にほかならない。

しかもそれらの分野での最先端を、現在もなおフェラーリは邁進しているのである。スクーデリアの車重がいかに重かろうとも、F40よりコーナーを速く抜け、鋭く減速をこなすのは当然の結果なのである。特に、スクーデリアのカーボンセラミックディスクに比べたら、F40のブレーキはまったくお話しにならない程度の性能でしかない。

 
最新試乗記