[アバルト70年の歩み]特別コンテンツ

スーパーカー3台対決 911 GT2 vs 430スクーデリア vs ガヤルドLP560-4 回顧録 前編

2018.04.28

100字サマリー

1泊2日の長距離テストにおいて2008年最高のスーパーカーを決定します。比較するのは最も高価で走りを意識した430スクーデリアと、ターボによる圧倒的なトルクが自慢の911 GT2、そして豪華でスーパーカーらしさにあふれたガヤルドLP560-2の3台です。

AUTOCAR JAPAN誌 68号

もくじ

前編
ひとびとの注目の的
北フランスへ
最も高価な430スクーデリア
キャラクターの異なる3台
すべてが絶妙なスクーデリア

後編
安心感のある挙動
驚異的なバランス
乗用車のように快適なガヤルド
GT2の圧倒的低速トルク
官能性は低いが、とにかく「速い」
430スクーデリアの圧勝
F430と似て非なるスクーデリア

ひとびとの注目の的

第1日目 AM10:30/ドーバー

「すげーっ!」──ガソリンスタンドでわたしと立ち話をしていた青年が歓喜の声を上げた。先頭のフェラーリだけでもめったにお目にかかれるクルマではないのに、そのあとに続いてポルシェとランボルギーニまでもが現れたからだ。

彼はついさっきまで、今回の企画の伴走車としてわたしが乗ってきた本誌(英国版)長期テスト車のレクサスIS Fに興味津々で、「排気量は何cc?」、「最高速は何km/h?」、「燃費は?」などとわたしを質問攻めにしていた。ところが3台のスーパーカーを目にするやいなや、もうレクサスにはなんの関心もなくなってしまったらしい。

そう、それがスーパーカーの最大の魅力だ。派手な色に塗られ、キャビンより後ろにエンジンを搭載し、大声を張り上げなければ助手席との会話もままならないほどうるさいエグゾーストサウンドを発し、地上を300km/hで走るロケットの持つ本質的な魅力がそこにある。

スーパーカーはひとびとを振り向かせ、視線を集めまくり、たいていの場合は驚きと笑顔をもって迎えられるものだ。

その朝、ガソリンスタンドにいた青年にとっても3台の最新スーパーカーとの出会いはあまりに衝撃的すぎて、まるで自分の目が信じられないといった様子だった。

 
最新試乗記