スーパーカー3台対決 911 GT2 vs 430スクーデリア vs ガヤルドLP560-4 回顧録 後編

公開 : 2018.04.28 12:10

1泊2日のスーパーカー3台長距離テスト、後編です。GT2は飛ばして楽しく、ガヤルドはスーパーカーらしいルックスで注目の的に。しかし、世界最高にシャープでエキサイティングなロードカーとの評価を受けた430スクーデリアの勝利となりました。

AUTOCAR JAPAN誌 68号

もくじ

前編
ひとびとの注目の的
北フランスへ
最も高価な430スクーデリア
キャラクターの異なる3台
すべてが絶妙なスクーデリア

後編
安心感のある挙動
驚異的なバランス
乗用車のように快適なガヤルド
GT2の圧倒的低速トルク
官能性は低いが、とにかく「速い」
430スクーデリアの圧勝
F430と似て非なるスクーデリア

安心感のある挙動

フランスで見つけた緩やかなカーブが続く一般道では、御しやすいクルマにも感じられた。コーナリング姿勢はフラットで、ノーズはなにか不思議な力に導かれているかのごとく素直にアペックスを向くのにリアの挙動には絶大な安心感がある。

それがスタンダードのF430とこのスクーデリアの大きな違いのひとつである。

スクーデリアのほうは、空力的な作用でリアがしっかりと地面に押さえつけられている感覚がある。対するスタンダードのF430では、ターンインを開始した直後にテールが流れそうな気配を、かすかだが常に意識する。

フロントに思い切り荷重をかけてコーナーに飛び込んだときには、あってはならない場所にバンプや路面の継ぎ目があったとしたら、瞬間的にリアが吹っ飛んでしまうのではないかという不安がつきまとうのだ。

もちろんスクーデリアであっても、その気配をまったく感じないわけではない(エンジンとギアボックスの搭載位置はまったく変わっていないのだから当然だが)。

しかし、それと同時にクルマが路面に押しつけられているのも感じられ、またどの時点においてもF430よりも高いグリップを発生していることもわかる。

 
最新試乗記