海外試乗

2018.10.27

ホットハッチ対決 フォーカスRS vs メガーヌ250カップ 前編 回顧録

フォード・フォーカスRS/ルノースポール・メガーヌ250カップ

魅力的なオプションが多数

そのほかのオプションでは19インチのスピードライン製アロイホイールが魅力的だ。選択した場合、タイヤは専用のコンチネンタルSP5(約10万円)が組み合わされる。

サポートに優れるレカロ製シート(約17万円)、キセノンヘッドランプ/LEDデイタイムランプ/電動サイドミラーからなるビジビリティパック(約15万円)も用意されている。なかでも最高なのはルノースポール自製のモニター(約6万円)で、サーキット走行時にスロットルマッピングの変更やラップタイムの計測などが可能になる。

今回の試乗車のようにこれらすべて(と約32万円のナビ)をベーシックなスポールに装備すると、価格は580万円を超えてしまう。最近540万円ほどに値上げされたとはいえ、これに比べるとフォーカスRSは実に格安に思えてしまう。

もっとも、フォーカスの仕様を今回のメガーヌと同等に引き上げるには、同様にオプションリストをすみずみまで調べねばならない。そして同等にした場合、なんと30万円ほどフォーカスのほうが高くなる。したがって紙の上ではメガーヌのほうがお買い得なように見えるのだが、ただしそれはフォーカスのメカニカルな仕様を計算に入れていないからであり、それを考慮すると状況は劇的なまでに一変する。

next page価格とスペックは互角

すべての画像をみる

 
最新初試乗

人気コンテンツ