海外試乗

2018.10.14

アルピーヌA110/アバルト124GT/フォーカスRS WRC第11戦を巡る 前編

アバルト124GT/アルピーヌA110プルミエールエディション/フォード・フォーカスRSヘリテイジ・エディション

テスト日 : 2018年10月3日

文・ビッキー・パロット 

編集部より

英国ではWRC第11戦、ウェールズラリーが盛り上がっているタイミング。テスターのビッキー・パロットは一足先に、最も走りごたえのあるステージを、アルピーヌA110とアバルト124GT、フォード・フォーカスRSでアタックしました。それぞれが持つ、世界ラリー選手権との濃いつながりを確かめに。まずは初日から。

もくじ

ラリーを血筋とする3台
初日:素晴らしいオルメ半島
オールドスクールなアバルト124GT
SS:ティア・プリンス・レースウェイ競馬場

ラリーを血筋とする3台

今から遡ること1973年。その頃の英国はファッションはもみあげの毛が長く、シャツはタイトで、タバコはセクシーなアイテムだった時代。若い世代はモータースポーツに熱狂していた頃だ。日本でも「ジミー坊や」で人気を集めたリトル・ジミー・オズモンドの「リバプールから来た恋人」が全英チャートで1位を獲得し、デビット・ボウイはシングル「火星の生活」をリリースしていた。

同時に、ジャッキー・スチュワートはF1世界選手権で3度めの勝利を上げ、ラリーのトップレースがWRC、世界ラリー選手権として広く知られるようになった時代でもある。

初めてのFIA世界ラリー選手権(WRC)は、非常に美しいアルピーヌ・ルノーA110を生み出す。モンテカルロで開催されたレースでは、トップ10の内、6台がアルピーヌ・ルノーA110だったほど。年間を通じたアルピーヌの独占状態に割って入ったのは、BMW2002Tiiやサーブ96 V4、ダットサン240Zなどがあったけれど、アルピーヌを本当に脅かすことができたのは、フィアット124アバルト・ラリーとフォード・エスコートRS1600の2モデルだけだった。

そして今回は、ヒーロー的な歴史をともに有し、ラリーを血筋とする現代に蘇った3台を集め、ウェールズラリーでも使われるルートを巡ることにした。そのクルマの仕上がりは、現代のラリーシーンも映し出しているようにも思える。近年のWRCは、出場するクルマの注目を高めるためにも、ショー的要素が強い。WRC第11戦、ウェールズラリーはグレートオルメ半島の、付け根にあるスランディドノという町の、閉鎖された一般道で初めて開催される。

陽気で万国旗がたなびく、綿あめが似合うお祭りのような雰囲気になるだろう。WRCのレースカーが全力で走る中、英国の町並みとの対比がユニークなイベントになるに違いない。

今回のルートを見ていこう。グレートオルメ半島から、付け根のスランディドノ町へ、そしてティア・プリンス・レースウェイ競馬場に向かう。さらに国道A525号から地方道B5381号へと下り、曲がりくねったB4501号へと足を進める。その後、国道A543へと入り、スノードニア国立公園に向かい、スレートマウンテンを目指す予定だ。

next page初日:素晴らしいオルメ半島

すべての画像をみる

 
最新初試乗

人気コンテンツ