[アバルト70年の歩み]特別コンテンツ

試乗 レクサスRC F改良新型 パフォーマンスパッケージを、FSWで評価

2019.05.29

高速コーナー 頼もしいワケ

操縦性でも4輪のグリップバランスの安定性のよさは変わらない。

個人的な問題なので済まないが、FSWで苦手なのが100R(4〜5コーナー)。勾配が変化する上に回り込んでいる。しかもコース幅が広くてラインが掴みにくい。未だに探っているような走り方になってしまう。

高速コーナーでコーナリング限界近い速度で、加減速のメリハリもなくラインを探るような運転。いつバランスを崩してもおかしくない状況だが、減速でラインを絞っても弱アンダーステアを維持してくれる。ストロークを活かすセッティングなのでベタッと貼り付くような接地感には欠けるが、操舵や加減速に対する過敏な反応を抑えた確かな方向性が頼もしい。

5コーナーを立ち上がってヘアピン。オーバースピード気味に制動を残して進入してもラインコントロールがいいのは前記したとおり。そこからダンロップコーナー(10コーナー)までは全開。太いトルクのままレブリミットまで使い切って歯切れ良く変速するATも心地いい。この区間はちゃんとしたラインに乗せないと危険だが、全開加速での高速コーナリングはパフォーマンスパッケージ、というかRC Fの得意な状況だ。

 
最新試乗記