試乗記

2019.05.29

トヨタGRスープラ試乗 英国どう評価? ミドエンジンには無い魅力

トヨタGRスープラ

編集部より

17年ぶりに復活したトヨタの新型スープラに英国で試乗しました。姉妹車のBMW Z4とは異なる味付けがなされています。ポルシェ・ケイマンなどのミドエンジンのライバルに運動性能では及びませんが、古典的なFRらしいスタイルと走りが魅力です。

もくじ

どんなクルマ?
17年ぶりの復活

どんな感じ?
公称以上の速さ
古典的FRらしい走り

「買い」か?
スープラならではの楽しさも

どんなクルマ?

17年ぶりの復活

2002年にA80型が消滅するまで24年間にわたり生産されてきた日本の伝説的スポーツカーであるトヨタ・スープラが、17年間の時を経てついに復活した。2週間ほど前にスペインで試乗を行なった際には良い印象を与えられた一方で、残念な点もいくつか見受けられた。英国の道ではどうだろうか。

このクルマの復活にはふたつの要因がある。トヨタの豊田章男社長の楽しいクルマを作りたいという熱意と、BMWとの共同開発だ。これは2012年にGT86が登場してからそれほど時間をおかずに立ち上がったプロジェクトであり、G29型BMW Z4と姉妹関係にある。

このA90型スープラは日本国内での生産ではなく、Z4と同じくオーストリアのマグナ・シュタイヤーが生産を受託している。トヨタのモータースポーツ部門であるガズー・レーシングが開発したことから、モデル名に「GR」がつけられている。

このクルマに搭載されるのはBMW製の3.0ℓ直6ターボで、340ps、51.0kg-mを発揮する。かつてスープラの象徴であった直列6気筒エンジンに強いBMWが共同開発相手として選ばれたわけだ。自動車業界の現状を鑑みるに、トヨタが単独で開発費用を負担してスポーツカーを開発するのは現実的ではないだろう。

 
最新試乗記