2019年版 ホンダNSXに試乗 発表から3年 ハイブリッド581psはそのまま

2019.09.13

ニッチ市場のニッチな嗜好を持つひとへ

NSXは充分に速く走らせられるし、ドライビングも楽しめる。しかし、このボディサイズと車重が現代のフェラーリやマクラーレンのテリトリーへと踏み込む邪魔をしているし、ホンダ自慢のハイブリッド・システムも、ドライバーへの訴求力を加算してくれていない。一部のハイブリッド・スーパーカーなら可能なEVモード、ゼロ・エミッション・ドライビングができない点も残念ではある。

そう考えるとNSXにおけるハイブリッド化は、コストがかかっていながら、スーパーカーとして得られた見返りは少ないように思える。結果として、様々な意見もあるとはいえ、従来的な内燃機関のスーパーカーが良い選択に見えてしまうかもしれない。

ホンダNSX
ホンダNSX

だが「従来的な方が良い」という考え方より、「珍しく変わった選択肢で、社会的な批判も少ない」という考え方を優先するのなら、NSXは選択肢の最上位に入ってくるべきクルマだ。エキゾチックなライバルモデルがひけらかす、富のシンボルやステータス、ドラマチックなスリルといったものとは別の、控えめで技術的な訴求力を好むという嗜好を持ったドライバーとでもいえようか。実際に得られるものも、従来の理想像とは少し異なるわけだが。

ホンダNSXは、滑らかで正確で、一般道でも運転しやすいスーパーカーだということに変わりはない。エキサイティングさは薄いものの、それは初代NSXが備えていたダイナミクス性能の特徴でもある。だとしても、非常にニッチな市場でのニッチなドライバーを、今の品質で今の時代に見つけることは、少々難しいと感じてしまうのだった。

ホンダNSXのスペック

価格:17万ポンド(2210万円)
全長:4487mm
全幅:1939mm
全高:1204mm
最高速度:307km/h
0-100km/h加速:3.3秒
燃費:9.3km/L(WLTP複合)
CO2排出量:242g/km(WLTP複合)
乾燥重量:1759kg
パワートレイン:V型6気筒3493ccツインターボ+3モーター
使用燃料:ガソリン
最高出力:581ps/6500−7500rpm
最大トルク:65.6kg-m/2000rpm
ギアボックス:9速ツインクラッチ・オートマティック

 
最新試乗記

人気記事