[ABARTH 70周年]嶋田智之が、いま見つめるABARTH 595

正式発表は11月20日 アストン マーティンDBXプロトタイプに初試乗

2019.11.08

100字サマリー

11月20日に発表となるアストン マーティン初となるSUVモデル「DBX」。それに先駆けてプロトタイプに乗る機会を英国編集部は得ました。BMW X6 Mやポルシェ・カイエン・ターボがベンチマーク。シルバーストーンでの試乗です。

もくじ

メルセデスAMG由来のツインターボV8
BMW X6 Mやカイエン・ターボがターゲット
ドリフトも可能なオフローダー
ベンテイガより全長は短いが広い車内

メルセデスAMG由来のツインターボV8

text:Matt Prior(マット・プライヤー)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
AUTOCARは、アストン マーティンのチーフエンジニアを務めるマット・ベッカーとともにアストン マーティンDBXのプロトタイプへ試乗する機会を得た。正式発表は2019年11月20日となっている。

英国での価格は15万8000ポンド(2212万円)から。アストン マーティンの持つ長い歴史の中でも最も機構的に複雑で、特別な存在だ。

アストン マーティンDBXプロトタイプ
アストン マーティンDBXプロトタイプ

5ドアの4輪駆動で、クルマの骨格をなすアルミニウム製のプラットフォームは新開発。当初はメルセデスAMG由来の4.0L V型8気筒ツインターボエンジンを搭載する。最高出力は549psとされている。

アストン マーティン独自のチューニングより、サウンドはメルセデスAMGのものより低音域が抑えられている。搭載されるトランスミッションは、トルクコンバーター式の9速AT。メルセデス製「9G」トランスミッションを搭載する、初めてのアストン マーティンだ。

駆動系のバリエーションは追って登場する見込み。新開発のアルミニウム製プラットフォームは、他のアストン マーティン製モデルにも用いられることになる。

エンジンは可能な限り車両の後ろ寄りに搭載され、22インチのフロントタイヤの前端より前にははみ出ないという。押出成形されたシャシーセクションは、前後で巨大な鋳造製部品で結合され、素晴らしいボディ剛性を確保している。

アストン マーティンによれば、ねじり剛性は2万7000Nm/degだということ。サスペンション周りの剛性も高められ、ロードノイズを軽減させている。

 
最新試乗記