DB11級のハイパワーSUV アストン マーティンDBX インテリア画像を入手

2019.09.16

100字サマリー

2019年末の正式発表を控え、アストン マーティンの新しいSUVは開発テストの真っ最中。新たにニュルブルクリンクのバンクカーブを抜ける様子と、インテリアの写真を入手しました。

もくじ

2020年内に受注を開始しデリバリー予定
当初はAMG製4.0LツインターボV8
アストンのベストセラーとなるか

2020年内に受注を開始しデリバリー予定

translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

アストン マーティンが開発をすすめるSUV、DBXは徐々に完成度が高まりつつあり、今回入手したニュルブルクリンクでのスパイショットには、インテリアの様子も写っている。カメラマンによれば、アストン マーティンDBXプロトタイプの開発現場に忍び込み、助手席側の窓から撮影したという。インテリアは未完成ながら、メルセデス・ベンツ由来のスイッチ類と技術的な要素が、アストン マーティン製の内装に融合していることがわかる。

7月に開催されたグッドウッド・フェスティバルで英国としては初めて公的に姿を表したアストン マーティンのSUVだが、既に8月のペブルビーチ・コンクール・デレガンスで注文が入ったという。アストン マーティンのCEO、アンディ・パーマーによるツイッターでは、カモフラージュのないフロントエンドがアップされた。ライバルはベントレー・ベンテイガ・スピードやランボルギーニ・ウルスだ。

アストン マーティンDBX・プロトタイプ
アストン マーティンDBX・プロトタイプ

アストン マーティン・ラゴンダに関わる財務情報に伴い、DBXの開発スケジュールの詳細も明らかになっている。英国西部のセント・アサンにある工場でプロトタイプ・モデルの製造を今年の初めに行っており、2020年の第1四半期には受注を開始する予定となるようだ。2020年の第2四半期にはDBXの量産を開始し、2020年の後半には顧客の元へデリバリーが始まることになるだろう。

英国西部のウェールズ地方に用意された新しい工場は、以前は英国国防省の施設だった場所。DBXの唯一の生産拠点となる。またEVモデルとして復活するアストン マーティン・ラゴンダもこの工場で生産されるという。

2019年末に予定されている正式発表に先駆けて、アストン マーティンはDBXのカモフラージュされた画像は発表済み。いまのところ生産を控え、プリ・プロダクション・モデルでの最終テストを行っているところだという。

 
最新海外ニュース