海外試乗

2019.05.24

新型 ポルシェ・カイエン・クーペ・ターボに試乗 息を呑む速さ 21世紀のGT

ポルシェ・カイエン・クーペ・ターボ

テスト日 : 2019年5月20日

価格 : 10万4729ポンド(1518万円)

文・ジェームス・ディスデイル 

編集部より

ポルシェの旗艦SUV、カイエンにクーペボディが登場。標準ボディのカイエンより価格は高い反面、走りの面では大きな違いはありません。しかし、その存在感やグランドツアラーとしての性格は、魅力にあふれているといえます。オーストリアでターボ・グレードを評価しました。

もくじ

どんなクルマ?
流麗なデザインのクーペボディ
標準のカイエンより25kgプラスの車重
エンジンのラインナップは通常モデルと同様
どんな感じ?
重量級ながら他に例を見ないほど速い
まるで高級で巨大なゴルフR
パフォーマンスなりの燃費にはご用心
「買い」か?
21世紀の上級グランドツアラー
スペック
ポルシェ・カイエン・クーペ・ターボのスペック

どんなクルマ?

流麗なデザインのクーペボディ

ポルシェ・カイエン・クーペが登場した。こんな切り出しは申し訳ないが、正直、わたしには誰も尋ねていない質問への、望んでいない回答のような気がしてしまう。しかし、特定のひとには強く響くはず。ドイツのプレミアム・ブランド勢と同様に、ポルシェも市場に潜むニッチモデルへの要求を、必死に探しているのかもしれない。

クルマとしては名前のとおり、大型SUV、カイエンのクーペバージョン。ライバルモデルは、BMW X6のトップグレードやメルセデス・ベンツGLEクーペ、レンジローバー・ヴェラールなど。ポルシェとしては、一般的には期待しにくい、ダイナミックなドライビング性能を際立たせたいはず。

ベースとなっているのは、大型SUVのカテゴリーの中でも、最も運転を愛するドライバーに支持をされているクルマ。よってメカニカルな部分では、標準ボディのカイエンと基本的に同じ構成となっている。

大きな違いといえば、写真の通りエクステリアデザインになる。デザイナーは、カイエンのピラーを20mmほど切り取ってルーフラインを低くし、ほんの数ミリ、全長と全幅を広げている。シュツットガルトの腕利きデザイナーの努力によって、視覚的なボディの大きさはだいぶ軽減されている。数値としては僅かながら、素晴らしい仕事をしたと思う。

BMW X6のような好き嫌いが分かれるスタイリングでもなく、遥かに流麗。弟となるポルシェ・マカンを大きくしただけ、という印象は受けない、美しいクーペボディだと思う。また、マーケティング的なモデルレンジの追加と受け取られないように、ポルシェは目を引く新しい技術的な内容も付加している。

next page標準のカイエンより25kgプラスの車重

すべての画像をみる

 
最新初試乗

人気コンテンツ