【マイナーチェンジ後こそ本来の姿】ジャガーXE 2.0(最終回) 長期テスト

2020.02.16

前期モデルのロードノイズと乗り心地

以前、ジャガーでは有名なテストドライバーだったノーマン・デュイスへ、このうるさいロードノイズの問題を伝えたことが忘れられない。彼は90歳を過ぎ、自身が手掛けたジャガーに乗っている時だった。

乗り心地は、それほど大きな不満ではない。Rスポーツのサスペンションは引き締まっているぶん、ロータリー交差点で素早く方向を変えてくれる。長く続く高速コーナーでの安定性も、XEは素晴らしい。

ジャガーXE 2.0 Rスポーツ(マイナーチェンジ前・欧州仕様)
ジャガーXE 2.0 Rスポーツ(マイナーチェンジ前・欧州仕様)

最近頻繁に運転するSUVと比べると低いドライビングポジションも、楽しめる要素。とても効率的で、しっかり走る印象を与えてくれる。

だが一緒に座った人は、乗り心地の快適性が気になるようだ。ロードノイズ以上に、凸凹を超えたときの車内への影響が話題になった。確かに落ち着いた乗り心地ではない。感じ方の違いは、このクルマに対して個人的な思い入れが大きいことも、影響しているだろう。

今回のマイナーチェンジにより、長期テストで乗っている2.0Lエンジンの200ps仕様がラインナップから落ちた。同時にRスポーツというトリムグレードもなくなった。前期型に乗っている身としては、嬉しい変更ではない。

かわりに追加となったのが、4輪駆動のRダイナミック。2.0Lのインジニウム・ガソリンターボ・エンジンは、300psを発生する。ボディデザインには手直しが入り、豪華さも増している。

 
最新試乗記

人気記事