【スタイリングに誘惑される】メルセデスAMG CLA 35 シューティングブレークへ試乗

2020.03.23

サマリー

コンパクトで流麗なスタイリングが魅力の高性能エステート、CLA 35 シューティングブレーク。ライバル不在といえる、オリジナリティ強いモデルといえるでしょう。一般道での走りを、英国編集部が評価しました。

もくじ

ビジュアル系として強い影響力
ドライバーに不足ないスピードで応える
硬めの乗り心地でも車内には高級感が漂う
強く誘惑するクラス唯一の存在
メルセデスAMG CLA 35 シューティングブレークのスペック

ビジュアル系として強い影響力

text:Tom Morgan(トム・モーガン)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
コンパクトなステーションワゴンでも、足腰が鍛えられたクルマは多くはない。その中でもCLAシューティングブレークほど、ビジュアル系として強い影響力を持ちそうなモデルはない。

4ドアクーペとエステートボディを融合させたダイナミックなスタイリングは、実用性も高めている。CLAサルーンよりも傾斜が緩やかなルーフラインのおかげだ。

メルセデスAMG CLA 35 シューティングブレーク(英国仕様)
メルセデスAMG CLA 35 シューティングブレーク(英国仕様)

加えてこのAMGと35というエンブレムの付いたクルマの場合、パワートレインが増強され、高い運動性能も併せ持っている。搭載するのは、AMG A 35ハッチバックと同じ2.0L 4気筒ターボエンジン。最高出力は306ps、最大トルクは40.7kg-mだ。

パワーを受け止めるトランスミッションは7速デュアルクラッチATで、4マティックと呼ばれる4輪駆動を採用。基本的には前輪駆動だが、電子制御のマルチディスク・クラッチが、必要に応じて最大で50%のトルクを後輪へ割り振ってくれる。

これにより0-100km/h加速は5秒以下。最高速度は249km/hでリミッターが掛かる。

サスペンションはフロントがマクファーソンストラット式、リアがマルチリンク式。試乗車には、メルセデスAMGのライドコントロールと呼ばれるアダプティブダンパーも備えていた。

標準のCLAと比較すると、AMG専用デザインの前後バンパーと、2本出しのマフラーカッターが際立つ。試乗車にはAMGスタイル・パッケージと呼ばれるオプションが付いており、19インチのブラック・アルミホイールに、前後のディフューザー、スポイラーなどが迫力をプラスしている。

 
最新試乗記

人気記事