【走りも乗り心地も大幅に向上】最新メルセデス・ベンツGLA 220dへ英国試乗

2020.06.25

サマリー

メルセデス・ベンツの最小クロスオーバー、GLA。Aクラス・ベースを隠さなかった初代から2代目へと進化し、見た目はSUV度がアップ。乗り心地や操縦性なども大きく引き上げられた最新型を、英国の一般道で評価しました。

もくじ

メカニカルな部分でつながりの濃いAクラス
初代より広さを増したインテリア
乗り心地も操縦性も大幅に向上
コンパクトSUVの中で優れた競争力
メルセデス-ベンツGLA 220d AMGライン(英国仕様)のスペック

メカニカルな部分でつながりの濃いAクラス

text:Lawrence Allan(ローレンス・アラン)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
2014年に販売が始まった、初代メルセデス・ベンツGLA。本格的なSUVを展開するメルセデス・ベンツの中でも、Aクラスとは違うモデルとしての変化は得ていた。

しかし実際は、ホイールアーチなどにワイルドなスタイリング要素を追加した、わずかに車内の広いAクラスだった。マーケティング要素が強かったものの、比較的穏やかなプレミアム・ブランドのモデルレンジの中では、充分な注目を集めていた。

メルセデス-ベンツGLA 220d AMGライン(英国仕様)
メルセデス-ベンツGLA 220d AMGライン(英国仕様)

ジャガーやレクサス、ボルボからの、コンパクト・クロスオーバー市場への参入はまだ。アウディQ3とBMW X1は、発表から時間が少し過ぎていた。

2代目へと生まれ変わったメルセデス・ベンツGLAは、もはやAクラスのお化粧直し的なモデルではない。プレミアム・ブランド各社からライバルモデルがリリースされる中で、より本格的なSUVへと生まれ変わった。

コンパクトSUVとしてメルセデス・ベンツは、GLAのほかにボクシーでややレトロなスタイリングをまとう、GLBも投入している。市場の人気をうかがわせる流れだ。

初代と同様に、GLAは基本的にメカニカルな部分でAクラスとのつながりが濃い。プラットフォームだけでなく、エンジンや技術面も共有している。英国ではトップグレードとなる、今回のディーゼルエンジン版、GLA 220dでも同様だ。

 
最新試乗記

人気記事