【短距離の純EVとしては優秀】メルセデス・ベンツA 250e AMGラインへ試乗 前編

2020.07.03

サマリー

メルセデス・ベンツAクラスのPHEVとなるA 250e。短い距離ならEVモード走行も可能で、欧州では高い支持の獲得が予想されます。ですが、英国編集部は気になる点もあると指摘します。英国の一般道で評価しました。

もくじ

PHEVモデルを増やすメルセデス・ベンツ
1.3L 4気筒ターボガソリンに電気モーター
運転しやすく活発に走るEVモード

PHEVモデルを増やすメルセデス・ベンツ

text:Matt Saunders(マット・ソーンダース)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
近年のメルセデス・ベンツは、動きが急進的に感じられる。多くのプレミアムブランドの場合、プラグイン・ハイブリッドのラインナップはまだ数モデルに留まる。一方でシュツットガルトからは、すでに二桁に迫る台数が提供されている。

この数字は、サルーンやハッチバック、エステート、クーペといったボディタイプを区別していない。もし分けて数えれば、さらに増える。

メルセデス・ベンツA 250e AMGライン・プレミアム(英国仕様)
メルセデス・ベンツA 250e AMGライン・プレミアム(英国仕様)

メルセデス・ベンツCクラスはもちろん、EクラスとSクラス、SUVのGLCとGLEにもPHEV版が存在する。そして、コンパクトハッチバックのAクラスにも追加された。

PHEVは英国でも税金面で有利で、会社からの貸与車両などにも適している。メルセデス・ベンツは、EQパワーというサブブランド名を与え、差別化も図っている。電動化技術の増殖計画は、順調に進んでいるようだ。

そんなメルセデス・ベンツ製PHEVモデルとして、最も小さく手に届きやすいクルマが、このA 250e。基本的には、比較的大きな15.6kWhのリチウムイオン・バッテリーをフロア下に搭載した、Aクラスだ。CO2の排出量はわずか26g/kmで、EVモードでの航続距離は70kmとなっている。

英国でのエントリーグレードの価格は、3万3000ポンド(435万円)以下。会社からの貸与車両として受け取ったドライバーは、車両価格分の税金控除を受けることができる。

 
最新試乗記

人気記事