【短距離の純EVとしては優秀】メルセデス・ベンツA 250e AMGラインへ試乗 前編

公開 : 2020.07.03 10:20

メルセデス・ベンツAクラスのPHEVとなるA 250e。短い距離ならEVモード走行も可能で、欧州では高い支持の獲得が予想されます。ですが、英国編集部は気になる点もあると指摘します。英国の一般道で評価しました。

もくじ

PHEVモデルを増やすメルセデス・ベンツ
1.3L 4気筒ターボガソリンに電気モーター
運転しやすく活発に走るEVモード

PHEVモデルを増やすメルセデス・ベンツ

text:Matt Saunders(マット・ソーンダース)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
近年のメルセデス・ベンツは、動きが急進的に感じられる。多くのプレミアムブランドの場合、プラグイン・ハイブリッドのラインナップはまだ数モデルに留まる。一方でシュツットガルトからは、すでに二桁に迫る台数が提供されている。

この数字は、サルーンやハッチバック、エステート、クーペといったボディタイプを区別していない。もし分けて数えれば、さらに増える。

メルセデス・ベンツA 250e AMGライン・プレミアム(英国仕様)
メルセデス・ベンツA 250e AMGライン・プレミアム(英国仕様)

メルセデス・ベンツCクラスはもちろん、EクラスとSクラス、SUVのGLCとGLEにもPHEV版が存在する。そして、コンパクトハッチバックのAクラスにも追加された。

PHEVは英国でも税金面で有利で、会社からの貸与車両などにも適している。メルセデス・ベンツは、EQパワーというサブブランド名を与え、差別化も図っている。電動化技術の増殖計画は、順調に進んでいるようだ。

そんなメルセデス・ベンツ製PHEVモデルとして、最も小さく手に届きやすいクルマが、このA 250e。基本的には、比較的大きな15.6kWhのリチウムイオン・バッテリーをフロア下に搭載した、Aクラスだ。CO2の排出量はわずか26g/kmで、EVモードでの航続距離は70kmとなっている。

英国でのエントリーグレードの価格は、3万3000ポンド(435万円)以下。会社からの貸与車両として受け取ったドライバーは、車両価格分の税金控除を受けることができる。

1.3L 4気筒ターボガソリンに電気モーター

英国で会社の貸与車両を利用する社員は、フォード・フィエスタのローエンドモデルに乗る月額負担のおよそ半額で、A 250eに乗れる計算になる。もっとも、ハイブリッド化されていないフィエスタを、長期所有する企業も少ないとは思うが。

Aクラスのプラグイン・ハイブリッド、A250eには、5ドア・ハッチバックと4ドア・サルーンの両方が用意される。広い車内を持つBクラスにも、同じパワートレインでPHEVが投入される見込み。

メルセデス・ベンツA 250e EQパワー(欧州仕様)
メルセデス・ベンツA 250e EQパワー(欧州仕様)

エンジンは、ルノー・日産・三菱アライアンスとの共同で開発した、1.3Lの4気筒ターボガソリン。トランスミッションは8速デュアルクラッチATで、前輪を駆動する。

AUTOCARは2019年末に一度プロトタイプの試乗をしているが、PHEVとして、A 250eは特に洗練されたモデルだという印象は受けなかった。それは、英国での量産版の試乗でも同じだった。

エンジンと電気モーターを組み合わせたパワートレインを採用するクルマの場合、ドライビング体験が冴えないことが多い、という前提がある。それでもA 250eは、ほかのPHEVと比べて、気になる部分が少なくない。メルセデス・ベンツというブランドとして、プレミアムな質感も物足りないと感じた。

少なくとも、EVモードで運転するA 250eは素晴らしい。EVモードでの航続距離はWLTP値で70kmだから、多くのライバルより長い。実際に様々な条件を複合した今回の試乗では、50kmほどの距離は得られていた。

 
最新試乗記