海外ニュース

2016.11.01

マクラーレン650Sの後継、P14のテスト風景

再来年、2018年にデビューが予定されているマクラーレンのスーパー・シリーズである650Sの後継モデルであり、P14のコードネームで呼ばれているモデルが、南ヨーロッパでテストされている風景をキャッチした。

カーボンファイバー製のタブに、3.8ℓツインターボ・ユニットを搭載するという基本レイアウトは同様だが、P14に搭載されるエンジンは672ps前後と思われる。ライバルとなるフェラーリ488GTBに勝つためには、0-100km/h加速が3.0秒未満、そして最高速度も330km/hをマークするものと考えられる。

なお、この写真をマクラーレンに見せたところ、これは新技術開発のためのテスト車両でP14でないという回答が返ってきた。

マクラーレンのデザイン・ディレクターであるフランク・スティーブンソンによれば、P14のデザインは、P1よりも更にクレイジーなものになるという。マクラーレンが確立したフロント・エンドの処理などは、新しいデザインのために一新されると予測される。また、650Sのようにスパイダー・ボディもP14にも予定される。

価格は650Sよりも若干上がり、クーペで£198,000(2,550万円)、スパイダーで£215,250(2,750万円)という値付けとなろう。



▶ 海外ニュース / 次期650SとなるマクラーレンP14のテスト開始

 
最新海外ニュース