海外ニュース

2017.03.20

ロータス・エリーゼ・スプリント新登場 41kg軽量化 エリーゼ2017年モデルも公開

オプションでBluetooth®接続にも対応

2017年モデルのエリーゼは、前後のバンパーの意匠を変更し、新型テール・ランプを採用。鮮やかなステッチで仕立てたアルカンターラの新内装は、中央にオープン・ゲートのシフト・レバーを装備する。

エキシージに導入された新型センター・コンソールがエリーゼにも適用され、新しいインストルメント・パネルでは、Bluetooth®接続にもオプション対応した。

また、上位モデルとしてエリーゼ250カップが、5月に英国でデビューする予定だ。これはハイ・パフォーマンス仕様として位置付けられ、価格は£47,400(660万円)。先代比で23kg軽量化されるが、ライトウエイト・オプションの適用により、さらに17kgのウエイトダウン(つまり先代比40kgマイナス)をすることができる。

詳細なスペックは発表時に公開される予定だ。


▶ 海外ニュース / ニュー・ロータス・エリーゼは軽量化が鍵
▶ 海外ニュース / PSAグループ、今度はロータスを含むプロトンを買収に

 
最新海外ニュース