海外ニュース

2017.09.24

ボルボ設立90周年 傑作車、何台存在するのか?(後編)

[編集部より]

前編に続き、90周年を迎えたボルボの、代表的モデルを振り返ります。今回は「四角い顔」のイメージを確立した1980年代から、期待のニューモデルまでをお見せします。

ボルボ740 & 760 (1982)


ボルボの当時のデザイナーであるヤン・ヴィルスガールドは、手始めに50のデザインを起こし、20に絞った上で、そこから8台のクレイモデルを造った。さらに候補は2台に絞られ、実寸大のモックアップへ昇格した。これだけの労力を費やしたにも関わらず、シャープなエッジと直線基調がたたり、その評価は世界的に芳しくなかった。しかし、安全性は高かった。

ボルボ780 (1985)


700シリーズのセダンとワゴンはボクシーといわれるが、アメリカ市場とイタリア市場向けに設定された780クーペは、バランスのとれたスタイリングだった。この2ドアクーペは、ベルトーネがデザインを担当し、エンジンはガソリンもディーゼルも6気筒を搭載した。1985年から1990年の間に、わずか8518台が造られたのみだ。

ボルボ480ES (1987)


1800ESの穴を埋める為に導入された480ESは、ポップアップ・ヘッドライトとクリーンなスタイルを持つ、シューティングブレークである。1.7ℓか2.0ℓのルノー製エンジンを選択でき、前者にはターボ付きも用意された。コンバーチブルも開発され公表されたが、生産には至らなかった。しかし、440/460の派生車種となるハッチバックとサルーンは生産に移され、忘れられない存在となった。

ボルボ850 (1992)


一見、850は740の大がかりなフェイスリフト版に思えなくもないが、実際には全面的に刷新されている。ボルボは大型モデルのFF化を図り、リアにはマルチリンク・サスペンションを導入した。その成果は、安全かつラグジュアリーであり、走りも楽しめるクルマに仕上がっていた。中でも253psのT-5Rは、シリアスなパフォーマンスカーだ。

next pageボルボECCほか

 
最新海外ニュース