海外ニュース

2017.04.19

ボルボ、2019年までにEVを完成 2025年までに電気モデル100万台を目標 まずは小型から

[編集部より]

ボルボは、2019年までにEVを完成させるのだそうです。中国からグローバルに輸出すると名言しました。2025年までに100万台の「電力モデル」を販売したいそうです。

ボルボ初のEV、まずは小型モデルから

ボルボ初のEVは、同社のコンパクト・モデル用アーキテクチャーを使用する。現行モデルでいうところの40シリーズ(S40やXC40)ほどのサイズだ。

EVが、既存モデルの派生グレードになるのか、あるいは独立したモデルを名乗るのかは、まだ教えてくれなかった。

ちなみに40シリーズにプラグイン・ハイブリッドとピュアなEVが加わるということをボルボは明言しており、上海モーターショーの場で関係者は「プラグイン・ハイブリッドのほうがEVよりも先にデビューするでしょうね」と教えてくれた。

2025年までに100万台の電力を用いるモデルを販売したいとのこと。なかでもマス・マーケットで受ける小型車に注力したいようだ。

価格帯は、ツイン・エンジン(ハイブリッド)よりも高くなることが見込まれる。

 
最新海外ニュース

初試乗

記事一覧

モーターショー

記事一覧

特別企画

記事一覧

クラブインデックス

記事一覧

長期使用報告

記事一覧

イベント・カレンダー

記事一覧

ギャラリー

記事一覧

新刊&バックナンバー

記事一覧