メルセデス・ベンツC300de ディーゼルを救うのか?

2018.03.15

100字サマリー

メルセデス・ベンツが、先週公開したCクラス「C300de」は重要な存在。ディーゼルの未来が掛かっていると言っても過言ではありません。追い詰められたディーゼル車たち、生き残ることはできるのでしょうか?

もくじ

地味だが重要 ディーゼルにまつわる欺瞞
プラグイン・ディーゼル・ハイブリッドは救世主?
61kg-mのトルク 郊外でディーゼルHV/街中でEV

text:Andrew Frankel(アンドリュー・フランケル)

地味だが重要 ディーゼルにまつわる欺瞞

メルセデス-AMG GT 4ドア・クーペ、新型G63といった最新AMG発表の騒ぎで、ジュネーブ・モーターショーのメルセデス・ブースに地味な見た目のCクラスが置かれていたのを見逃していないだろうか。

事実、リアにまわって300deというバッジを見なければ、その違いに気付くことはないだろう。ドイツ国内向けだと思うかもしれないが、そうではない。deとは「diesel electric(ディーゼル・エレクトリック)」の略なのだ。


ディーゼルモデルが直面する危機へのメルセデスからの回答。それは、ディーゼルからの撤退ではなく、技術を用いてディーゼルがもつ弱点を効率的に改善するというものだ。その技術とはすでにメルセデスや、他の自動車メーカーによって実用化されているディーゼル・ハイブリッドだけではなく、プラグイン・ディーゼル・ハイブリッドにまで広がっている。

 
最新海外ニュース