フェラーリGTC4ルッソT試乗 V8エンジン搭載 4座スーパーカーの地位は唯一無二

2018.02.28

サマリー

フェラーリ初のシューティングブレークで、4輪駆動システムも注目を集めた、FF。その後継モデルで、V12エンジンからV8エンジンに変更を受けた、大きなボディのGTC4ルッソTを、どのように評価するのでしょうか。

もくじ

どんなクルマ?
既存コンポーネンツを巧みに利用
新しい名前はクラシックモデルから借用

どんな感じ?
大柄のボディでも桁外れに速い
V8も悪くないが、V12ならもっと良い

「買い」か?
4座が必要条件なら理想的なスーパーカー

スペック
フェラーリGTC4ルッソTのスペック

どんなクルマ?

既存コンポーネンツを巧みに利用

フェラーリの最新の4シーター、GTC4ルッソTが、既存モデルのコンポーネンツや部品を上手に組み合わせて作られている、と指摘したら、あまり良くは聞こえないだろう。例え現代のフェラーリのご多分に漏れず、優れたパフォーマンスと感動的なデザインを得ていたとしても。

事実、このクルマを構成している主要な部位は、本来は別のクルマのために設計されたものだったりする。

しかし、このクルマのドライバーは、20万ポンド(3040万円)という価格、さらに選択するオプションによっては25万ポンド(3800万円)にも及ぶことに対して、恐らくしっかり考え、納得しているように思える。

名だたるスーパーカーには、得体の知れない魅力が潜んでいるのだ。

 
最新試乗記

人気記事