[アバルト70年の歩み]特別コンテンツ

アルピーヌのディレクターが移籍 JLRのSVO部門へ アストン、テスラの経験も

2018.03.15

100字サマリー

アルピーヌを率いた、マイケル・ヴァン・デル・サンデが、ジャガー・ランドローバーのSVOに移籍します。アストン マーティン、テスラ、ハーレー・ダビッドソンなどを経験。同役職の前任はジョン・エドワーズでした。「成功をさらに上のレベルへ」と意気込みます。

アルピーヌからJLRのSVOへ

アルピーヌを率いてきたマイケル・ヴァン・デル・サンデが、ジャガー・ランドローバーのSVO(スペシャル・ビークル・オペレーションズ)に移籍する。

なおSVOにおけるポジションはマネージング・ディレクター。前任はJLRで27年間勤めあげたジョン・エドワーズだった。ジョン・エドワーズは6月にJLRを去る。

マイケル・ヴァン・デル・サンデは、アストン マーティン、テスラ、ハーレー・ダビッドソンなどで蓄えた経験をSVOに投下する。

現職のアルピーヌにおけるポジションからは、今後数週間のうちに退く。同社における彼の最後のキャリアはA110の開発であった。

「ジャガーF-タイプSVR、レンジローバーSVクーペなど、SVOブランドがローンチされてから長く経っていないにもかかわらず、非常に力強いモデルが生まれました。またジャガーXKSSなどのクラシックビジネスも有望です。業界のなかで稀有ともいえる成功例を、さらに上のレベルにまで引きあげられれば、これ以上のことはないでしょう」とマイケル・ヴァン・デル・サンデは語る。

なお、アルピーヌからはチーフエンジニアだったデビッド・トゥウィッグも流出している。くわしくは「前アルピーヌA110責任者、中国資本のEVスタートアップ「バイトン」へ SUV開発で」。

 
最新海外ニュース