[ABARTH 70周年]嶋田智之が、いま見つめるABARTH 595

日産アルティマ新型 可変圧縮比「VCターボ」/プロパイロット ニューヨーク・モーターショー

2018.03.29

100字サマリー

日産アルティマ新型が発表。可変圧縮比テクノロジーを採用したVCターボを選ぶことができます。V6のようなパフォーマンスを実現するという注目のユニット。6代目アルティマを約30枚の画像とともにレポートします。

6代目アルティマ 2.0ℓVCターボ・エンジン

日産は、新型アルティマをニューヨーク・モーターショーで初公開した。

グレードは、S、SR、SV、SL、プラチナムを用意。プロパイロットが、アルティマSV、SL、プラチナムに標準装備となる。

注目は、可変圧縮比テクノロジー採用の2.0ℓ直4 VCターボ・エンジンの採用。V6のようなパフォーマンスと4気筒並みの環境性能を実現するという。

また全グレードに標準となるのが、2.5ℓ直4ダイレクト・インジェクション・エンジンだ。こちらのユニットには、AWDモデルも用意されている。


先進安全・運転支援機能については、
 リア・オートマティック・ブレーキング
 歩行者検知機能付き緊急自動ブレーキ
 レーン・ディパーチャー・ワーニング
 ブラインド・スポット・ワーニング
 リア・クロストラフィック・アシスト
 ハイビーム・アシスト
を備える。

優雅なプロフィールに、Vモーション・グリルを基調としたフロントフェイスの新型アルティマ。北米では秋に発売。アメリカ以外の地域は、その後に続く形になる。

AUTOCAR JAPAN上でご覧の方は、記事下の「すべての画像をみる」ボタンから、外部メディアの方は、記事下の「『日産アルティマ新型』すべての画像をみる」から、ほかの画像をお楽しみいただける。

 
最新海外ニュース