ヒュンダイ製SUV「ツーソン」マイチェン ダウンサイズ/装備拡充

公開 : 2018.03.29 19:00  更新 : 2021.03.05 21:38

ヒュンダイのベストセラー、そのお色直し版が、発売に先駆けてショーデビューを果たしました。エンジンはダウンサイズし、運転アシストデバイスや、Apple CarPlay/Android Autoなどの装備拡充も図ります。価格は既存の1万9855ポンド(298万円)ほどでしょう。

Tucson=ツーソンがマイチェン

欧州ではこの夏の発売が予定されているヒュンダイ・ツーソンのマイナーチェンジ版が、ひと足早くNYショーで公開された。

奇しくも同じ会場で発表されたトヨタRAV4の2018年モデルをはじめとするライバルに対抗するべく、外観の小変更に留まらず、エンジンラインナップの見直しや、安全装備の拡充が図られた。

改良モデルのパワーユニットは、ガソリンとディーゼルそれぞれ2機種を設定。いずれもユーロ6CをクリアするエミッションとCO2削減を果たし、結果として燃費も向上しているという。

改良前と同様に、エントリーモデルは132psの1.6ℓ直噴ガソリンで、そのターボ版は177ps。いっぽうのディーゼルは、これまでの1.7ℓが1.6ℓへとダウンサイジングし、115psと133psの2タイプを用意。186psの2.0ℓはこれまで通りだ。

標準設定されるのは前輪駆動だが、4WDも選択可能。トランスミッションは、6段MTと7段DCTから選べる。

運転アシスト/装備拡充も

運転アシストデバイスの品揃えは拡充され、自動緊急ブレーキやレーンキープ・アシスト、ドライバーの注意を喚起するアイテムなどが提供されるほか、360°カメラやハイビーム・アシスト、アダプティブ・クルーズコントロールなどもチョイスできる。

キャビンには、グレードにより7.0インチもしくは8.0インチのタッチパネル式インフォテインメント・ディスプレイが備わる。プレミアム・サウンドシステムやApple CarPlay/Android Auto、携帯電話のワイヤレス充電器、3D衛星ナビなどもオプションリストには並ぶ。

英国ヒュンダイは、今のところプライスを発表してはいない。しかし、1万9855ポンド(298万円)からという既存モデルの価格帯と、大きく変わることはないだろう。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事