高性能ボルボ、ポールスター・ブランドへの影響は カニバリゼーション「心配ない」

2018.06.25

ボルボにポールスターのスパイスを

S60ポールスター・エンジニアードでは、T8と同じパワートレインを415psと68.3kg-mまでチューンして搭載している。最大の変更点はサスペンションにあり、オーリンズ製のダンパーを装着する。

S60の発表において、ポールスター・エンジニアードのシリーズがポールスターの存在意義を薄めることにならないかとの質問が出た。それに対してインゲンラートは「その危険はあります」と応じた。

しかし、彼によれば「しかし、その実態を見れば、ふたつのブランドは相反するものではありません。以前のS60ポールスター・エンジニアードとは異なり、今回のそれはポールスター本体の特徴に沿うものです。それは電動化とプレミアム・パフォーマンスです」

「将来的に、われわれのビジネスの中心はポールスターブランドになるでしょう。ポールスター・エンジニアードというスパイスを加えたボルボは、ポールスター車と同様の付加価値を持つと考えています」

 
最新海外ニュース