ニュース

2019.01.20

2019年最初の大規模クラシックカー・オークション 27台の名車たち 後編

編集部より

引き続き、スコッツデール・オークションの出品車両をご紹介します。予想落札額1000万円程度のものから数億円級まで、さまざまなクルマが登場します。レースカーや女王陛下が乗ったクルマなど、それぞれがストーリー性を持っています。

1972年製 インターメカニカ・イタリア・スパイダー

数百万ドルもするフェラーリでも、20台も見れば退屈してくるかもしれない。そこでこんなちょっと変わったクルマはいかがだろう? イタリアとアメリカの混合から誕生した、生産台数わずか500台の稀少車だ。

新興メーカーのインターメカニカが1967年から1972年の間に製造していたこのクルマは、イタリアン・スタイルにアメリカのパワーを組み合わせることで壮大な相乗効果を狙った。

今回のRMサザビーズによるオークションに出品されるスパイダーは、最終年に製造された1台。同時代のイタリアン・スポーツカーを真似たボディのボンネット下には、フォード製のV8エンジンが積まれている。

こんなクルマが好きな人にとってはめったにないチャンスだ。予想落札価格は12.5万〜15万ドル(1360万〜1640万円)とされているが、最低落札価格は設定されていないので、それより安い金額で手に入れられる可能性もある。

 
最新海外ニュース

人気コンテンツ