総額7億円 フェラーリ・コレクションが同時出品 超希少FXX/低走行F40など

2019.06.19

最古のポルシェやボンドカー仕様のアストン マーティンなども

「ミング・コレクションはクオリティとオリジナリティが非常に素晴らしい」と、RMサザビーズの国際オークション部長を務めるゴード・ダフは語る。

「すべての車両は新車当時より状態が良いほどです。細心の注意を払ってケアされており、保存状態は最高です。どのモデルも、これより良い状態の車両を探すことは極めて難しいでしょう」

「フェラーリFXXがオークションに出品されることは滅多にありません。しかも、一度も本格的なサーキット走行を経験したことがなく、これほど手を掛けてケアされた車両と出会える機会はさらに稀でしょう」

もちろん、RMサザビーズのモントレー・オークションに出品される特別なクルマは、これらのフェラーリだけではない。

8月15日〜17日に米国カリフォルニア州で行われるこのオークションには、ポルシェの名前が付けられた最古のクルマと言われる1939年製ポルシェ・タイプ64や、本物のジェームズ・ボンド仕様のアストン マーティンDB5など、多くのクラシックカーが出品される予定だ。オークション当日に向け、今後の発表にも注目しよう。

 
最新海外ニュース

人気記事