[アバルト70年の歩み]特別コンテンツ

車名に秘められたゆえん 23選 前編 アルファ「ミト」からVWの「気象の名前」まで

2019.06.22

フォルクスワーゲン「気象にまつわる名前」

フォルクスワーゲンの生み出してきたクルマでも、特に初期の頃は創造性のない名前がつけられていた。例えばビートルの正式名称はタイプ1だ。しかし、空冷式から水冷式の前輪駆動に置き換わることを記念して、より活気ある名前を欲するようになる。そこでフォルクスワーゲンが目を向けたのが、気象学。

例えばフォルクスワーゲンのゴルフは、メキシコ湾流、ガルフ・ストリームのドイツ語、Golfstromを語源とする。また、パサートは貿易風のドイツ語。ジェト気流からジェッタが生まれ、サハラ砂漠から吹く地中海風から名前が付けられたのがシロッコだ。

ちなみに、マセラッティも地中海風にまつわる名前をクルマに用いている。ギブリはシロッコと同じ、アフリカ北部に吹く熱風の呼び方だったりする。

 
最新海外ニュース