[アバルト70年の歩み]特別コンテンツ

画像で紹介 ミドエンジン車66選 後編

2019.06.23

100字サマリー

最近のミドエンジン車はスーパーカーやハイパーカーが大半になっています。ラフェラーリ、P1、918などのメーカーを代表するモデルに加え、ブガッティ・シロンなどの超高額車も登場します。最後を飾るのはまもなくミドエンジンに生まれ変わるコルベットです。

No.31〜No.34

ブガッティEB110(1991年)

550psを発揮する60バルブのV12クワッドターボに4WDと6速ギアボックスの組み合わせにより驚異的な走りを見せた。しかしその価格も驚異的であり、139台のみが販売された。

ホンダ・ビート(1991年)

優れたものは包みが小さいということを体現するかのように、ホンダ・ビートは656ccの3気筒ターボをミドに搭載する軽自動車だ。見て良し、走って良しのこのクルマはその安価さもあいまって5年間で3万3000台を売り上げた。

オートザムAZ-1(1992年)

これも軽自動車だが、オープントップのホンダ・ビートとは異なりAZ-1はガルウイングのクーペだ。オートザムはマツダの子会社だが、スズキもライセンス生産を行なった。

ジャガーXJ220(1992年)

V12エンジンを搭載する4WDのコンセプトとして製作されたが、市販型ではV6ツインターボの後輪駆動となった。550psを発揮し最高速度は338km/h以上となり、274台が生産された。

 
最新海外ニュース