ニュース

2019.08.22

8/25は東京オリンピック開閉会式テスト 7月のテストの様子は? 首都高を実際に走ってみた

編集部より

東京オリンピック開催まで1年となった7月24日と26日に「交通対策テスト」なるものが首都圏で実施。実際に交通規制となっている場所を走行してみた結果と、プロドライバーの感想を聞いてみました。

もくじ

オリンピック絡み 交通対策テストの目的
実際に走ってみた:東名~首都高~都心へ
プロドライバー「いつも1時間→3〜4時間」
首都高や組織委員会、どう考えている?
今後どんな交通対策テストが行われる?

オリンピック絡み 交通対策テストの目的

text:Kumiko Kato(加藤久美子)

東京2020大会において選手をはじめとする大会関係者を安全かつ円滑に輸送することを最重要課題として、大会期間中の道路交通についてより良い交通環境の実現を目指すため、実施目標を次のとおり設定している。

一般交通

東京圏の広域における一般交通について、大会前の交通量の一律10%減。特に重点取組地区については、出入りする交通量の30%減を目標とする。

首都高速道路における交通量のさらなる減

首都高速の至るところで「東京2020交通対策思考中」と知らせた。
首都高速の至るところで「東京2020交通対策思考中」と知らせた。

東京圏のオリンピック・ルート・ネットワークの基幹をなす首都高速道路については、交通量を最大30%減とすることで、休日並みの良好な交通環境を目指す。

こうしてオリンピック開催1年前の7月24日(水)と26日(金)に実施されたのが、「交通対策テスト」である。

具体的には、以下の内容となる。

実際に行われたテスト

終日閉鎖

晴海、外苑(上下)、新都心(上)

状況に応じて閉鎖

与野、用賀、三軒茶屋、大師など

本線料金所手前でレーン数を減らし首都高への流入を制限

東京料金所(東名)、三郷(常磐道)、八王子(中央)、湾岸浮島東など計11か所

また、一般道においては東京都道318号環状七号線を超えて都心方向に流入する車の通航制限が行われた。

 
最新海外ニュース